Sponsored Link

うつ病の人との接し方について書いていこうと思います。

うつ病の人との接し方と大きく分けるのではなく職場での接し方についてここでは書いていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の接し方!

うつ病の人と接していくというのは話す言葉に気をつけたりしなければいけません。

基本的に、うつ病を発症している方というのはマイナス思考になっていますのでマイナスに捉えられてしまう言葉や励ましの言葉・頑張ろうなどの言葉はあまり言わないようにしなければいけません。

うつ病の方に言ってはいけない禁句ワードというのがありますから言葉をかけるにしても気を使います。

うつ病を理解していない方もいますし時にひどい事を言われてしまう時だってありますが、うつ病は理解されにくい病気ですので仕方がない事です。

ですが、家族にうつ病の方がいたり恋人がうつ病だったりすると接し方や治療など、うつ病の方のために様々な事を調べていくと思います。

ですが、職場の方がうつ病という事を知って調べたりとする方は少ないでしょう。

これは、プライベートと職場との関係性の違いですから仕方がない事ですし、うつ病の方もそこまで求めていませんが接している方からすれば気を使ったりする事もあるでしょうし、うつ病の方のミスをカバーしている方もいると思います。

うつ病は脳内のセロトニンなどのホルモンが不足している事が原因でうつ病の症状がでていると言われ、うつ病を発症すると集中力がなくなってしまったりしますので仕事をしていてもミスが増えてしまったりする方が多いです。

ミスが増えているけど、どのように接していけばいいのかわからないという方も多いはずです。

なので、ここで職場でのうつ病の方との接し方というのを書いておこうと思います。

うつ病の人との職場での接し方!

うつ病の人が職場にいると気を使う方もいれば何も気にしない方もいると思います。

中には、うつ病という事を甘えだと考え厳しく当たる方もいるんじゃないでしょうか。

ですが、今これを読んでくれているというあなたは、うつ病を理解しようと考えたりうつ病の方との接し方に悩んでいる方だと思います。

あなたのような存在は物凄く心強い存在になります。

うつ病の方が職場にいる場合ミスなどが増えてしまったりする事で、うつ病の方が働きにくい環境になってしまっていたりミスをカバーしている方がいたりすると思います。

やはり、うつ病だからとミスを連発しても許されるという事はないですから少なからず注意はしなければいけません。

その時にどのように言うかというのは非常に悩む所ではないでしょうか。

ミスに限らず何かを注意したりするという事はどのように言えばいいのか悩む所ですし自分が言った事で落ち込まれてしまってはどうしようという不安もあるのではないでしょうか。

なので、注意をする時の注意点としては”最近、ミスが多いみたいだけど体調悪い?どうしたの?”などと体調を心配しているという事を伝えてあげてください。

職場は仕事をする場所ですのでミスをすればミスをした事を注意されるという事が自然の流れなのですが、うつ病の方に頭ごなしに”ミスをしないようにしてほしい””もっと、ちゃんと仕事して”などと言ってしまうと体調が悪化する場合もありますし、更にミスが増えてしまう時があります。

ミスをしたという事を話すのではなく”いつもと違う様子に気づいて心配している”という事を見せてあげる事で話しやすくもなります。

うつ病を発症してしまうと集中力がなくなってしまいますし今までできていた事ができなくなってしまうという事があります。

うつ病を発症した事がない方にはわからない事だと思うのですが、うつ病の方は一生懸命やっていても今まで通りにできるという事が難しいのです。

今までミスなく仕事をしてきた人がうつ病を発症してミスばかりするようになったという事だってあります。

甘えてダラダラと仕事をしている訳でもなく一生懸命やっていてもミスをしてしまうのです。

うつ病の方に職場でなにか注意する時は体調の心配もしているという事を伝えながら注意してあげてください。

そして、ミスなど注意をするのではなく普段の会話での接し方としては”うつ病を気にしすぎない”という事が大切です。

うつ病という事をあまり気にせずに会話をして頂ければ大丈夫なのです。

うつ病だからという目で見られてしまうと自分がいる事で気を使わせているとマイナスに考えてしまいますので普段は他の方と変わらない接し方で大丈夫です。

ただ、注意をする時は体調の心配をしている事を伝えてあげ、頼み事をする時はどれぐらいの仕事を抱えているかという事を先に考えてあげてから頼んであげてください。

うつ病の方は元々真面目な性格の方が多いです。

なので、頼まれたら責任を持って最後までやり遂げますし少し無理をしてでも頼まれた事をやってしまいます。

注意する時は体調の心配もている事を伝え、頼み事をする時はうつ病の方がどれほど仕事を抱えているかを考えてあげ普段は変わらず接してあげてください。

変にうつ病について聞いたり体調を心配したりする事はしなくても大丈夫です。

まとめ

うつ病の方が職場にいると少しは気を使う事があると思います。

うつ病の方が職場にいる事で迷惑だと感じている方もいるかと思いますが迷惑だと感じている場合は仕事の事だけの話をし関わらないという事に徹してください。

うつ病は甘えだと思っている方などはうつ病の方にわざわざ甘えだと言う方もいます。

わざわざ言う必要はありませんので関わらないようにしてもらえればと思います。

職場で困るというのはミスが増えてしまったりする事だと思いますが、今までと同じように働くという事が難しいというのは本人もわかっています。

なので、十分に注意していますが脳内の変化によって集中力がなくなってしまっていますのでミスをしてしまうのです。

うつ病だからと甘えている訳ではなくしたいけどできないのです。

もし、職場にうつ病の方がいて甘えじゃないかと疑っている方はうつ病なのか甘えなのか見極めてください。

うつ病の方は元々真面目な性格で責任感が強い方が多いですので、今はミスが多かったりすると思いますがうつ病が治ったら大きな仕事を任せても問題がないと思える程働いてくれる方が多いです。

うつ病の方との接し方は難しいですが職場での接し方は、”うつ病なんて関係ない”という事を全面に出すのではなく”心配している”という事を伝えながら仕事をした方が効率がいいという事です。

うつ病じゃない方も怒られるよりも褒められる方が伸びる方が多いですし怒られてやる気になるという事は少ないです。

言葉かけ一つで人のやる気スイッチをオンにもオフにもできるのです。

うつ病の方との接し方を調べたついでに職場での言葉かけなども調べてみると、うつ病の人にだけ気を使うという事を感じなくなると思います。

あなたにおすすめの記事