Sponsored Link

うつ病のママ友との接し方について書いていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の接し方!

うつ病の人と接するという事はなかなか難しい事があると思います。

うつ病の方と接していくという事はかけてあげる言葉なども気をつけなければいけませんし不安にさせるような発言などを控えていかなければいけません。

家族がうつ病になったり恋人がうつ病になったりすれば、うつ病について調べてみたりすると思いますし気をつけなければいけない事があっても我慢できる所があると思います。

ですが、友人や職場・ママ友などがうつ病の場合はどのようにして接していけばいいか悩むと思います。

ここでは、ママ友がうつ病だった場合の接し方について書いていこうと思います。

ママ友がうつ病だった時の接し方!

ママ友がうつ病だった時の接し方というのは本当に難しいと思います。

家族や恋人だったり友人などよりも職場の方やママ友というのは、いくら仲が良いと言っても友達とは言い切れないですし距離感というのは難しいと思います。

うつ病じゃなくてもママ友との距離感というのは難しい関係性ですから子供が仲良くなった子供のお母さんがうつ病だったら、どのように接していけばいいのか悩むと思いますし接し方は難しいと思います。

早速、ママ友がうつ病だった時の接し方について書いていこうと思います。

深入りしない

まずは、深入りしないという事を頭に入れておいてください。

うつ病を抱えながら子育てをしていると聞くと心配になりますので話を聞いてあげたり何か助けてあげなければと思ってしまうと思います。

ですが、深入りしないという事が大切です。

深入りしすぎてしまうと依存されてしまったりという事がありますので、あまり深入りしないようにするという事を頭に入れてから関わっていってください。

子供同士が仲良くなったから仲良くしなければいけないというのがママ友という関係ですから無理に友達のように仲良くなる必要はないですし深入りして助けてあげなきゃと思う必要性もありません。

自分ができる範囲でやってあげる

そして、自分ができる範囲でやってあげるという事を意識してください。

うつ病を抱えていると聞くと困っていたら助けてあげなきゃと思ってしまいますが助けるのも自分ができる範囲で苦と感じない範囲で助けてあげてください。

これも、同じでやってあげすぎるとなんでも頼んできてしまう方もいますから自分ができる範囲でやってあげてください。

うつ病だからできないというのは言い訳で、本当にうつ病の方はやらなければいけない事はやろうとします。

ですが、やろうとしてもできないというのがうつ病です。

最初から、やらないというのは甘えているだけですので、そこはしっかり見分けてください。

見守る

そして、見守るという姿勢が大切です。

うつ病のママ友と話している時などに言葉かけなど難しい所はありますが心配をしているという事を伝えて見守るという姿勢でいてください。

子供同士の関係もありますからノータッチという事にはいきませんから見守るという気持ちでいる事が大切です。

まとめ

うつ病のママ友がいる方で接し方に困っている方がいると思います。

ママ友との関係性はうつ病などがなくても大変ですから相手がうつ病と聞くと接し方などが余計に難しくなってきますし、どこまで入っていいのか迷うと思います。

ですが、うつ病のママ友には深入りする事なくママ友が話す事を聞いてあげて頼まれ事をされたら、自分ができる範囲でやってあげるという事は徹底してあげてください。

そして、うつ病のママ友の悩み相談を受けても自分の悩み事に置き換えないでください。

距離感を掴みにくいのがママ友というものですが深入りせずに見守るという事が大切ですし入り込まないようにしてください。

うつ病の方は雨の日などは体調を崩しやすいですので、その時は助けてあげるなど自分の中でここまでは助けようなどと決めてください。

あなたにおすすめの記事