Sponsored Link

うつ病になって仕事ができないという方がいると思いますが、そんな時は生活保護を受けましょう。

Sponsored Link

うつ病で仕事ができない!

うつ病になってしまい仕事ができなくなってしまったという方がいると思います。

うつ病に早い段階で気づく事ができれば仕事ができないという所まで行かないという方もいますが上司との関係が原因でうつ病を発症したり過度な労働が原因だったりと会社が原因でうつ病を発症してしまったという方も多くいると思います。

うつ病になってしまい家から出れなくなってしまう方もいますので仕事ができないという方がいてもおかしくありません。

うつ病で仕事ができない状態になってしまっても、生活の為や家族がいる方は家族の為にギリギリまで働くという選択肢をされると思いますが無理をしてうつ病を長引かせるよりは早めに休養する事で長引かせずに済む時もあります。

うつ病だと診断された場合は、まずは自分はどのような事を苦に感じできない状態になってしまっているのか把握してください。

うつ病で仕事ができない状態になっていると感じた場合は、まずは下記でお金の不安をなくしてください。

上記の事でお金の不安をなくし生活する事ができる方もいますが正直全ての方に当てはまっているとは思っていません。

ですので、うつ病で仕事ができなくなってしまい生活できない状況になってしまった時は生活保護を受けてください。

うつ病で仕事ができない時は生活保護を受けよう!

うつ病で仕事ができないという時は生活保護を受けるという選択肢があるという事を知ってください。

生活保護と聞くとあまりいいイメージを持っている方の方が少ないと思います。

もしかすると、今これを読んでいるあなたも生活保護受給者をバカにしてきたり叩いてきた人かもしれません。

生活保護を受けている人の事は何も思わないけど自分が受けるのは恥ずかしいと思っている方もいると思います。

ですが、うつ病で仕事ができない状態にまでなってしまうと生活保護を受けるしか生きていく方法がないという方だっています。

その状況になった時に生活保護を受けるという選択肢を選んでください。

まだ、貯金はあるけど数ヶ月後にはなくなるから生活保護の申請をしておこうというのは辞めてくださいね。

生活保護は不正受給などという事もありますが生活保護を受けなければいけない状況なのにも関わらず生活保護を受けさせてくれないという場合があります。

なので、生活保護を受けれる条件や生活保護の申請をする前に確認する事などをここに書いておこうと思います。

これは、生活保護を受けてほしいという気持ちなどではなく本当にうつ病で仕事ができなくなり生活していく事ができない方の為に書いています。

生活保護を受ける条件

生活保護を受けれる条件というのがあります。

生活保護は誰でも受ける事ができる訳ではなく受ける事ができる条件というのがあります。

生活保護を受ける条件は4つあります。

生活保護を受ける事ができる条件
1.援助してくれる身内がいない
2.資産を持っていない
3.働けない事情がある
4.上記の1〜3を満たしており月の収入が最低生活費を下回っている

①の援助してくれる身内というのは一緒に生活している人などが、働いている場合や働ける状態の場合である程度収入がある場合は生活保護を受ける事ができません。

そして、生活保護の申請をした際に親や兄弟など3親等以内に援助する事が可能かどうかを確認する扶養照会という物が届きますので、そこで援助可能という返答が身内から返ってきた場合は生活保護を受ける事ができません。

②の資産を持っていないかというのは、土地や貯金・車などの事を言います。

土地や車を持っている場合は売却し当面の生活費にあてるように言われます。

③の働けない事情があるかというのはケガや病気で働く事が不可能な状態なのかという事です。

④の最低生活費というのは厚生労働省が定めている最低生活費の基準額がありますので、その金額を下回っている場合に生活保護を受ける事ができます。

上記の4つの条件を満たしている場合は生活保護の申請をする事ができます。

生活保護を申請する前にしておく事がありますので紹介しておきます。

生活保護申請に行く前に

生活保護を受ける為の4つの条件を満たしているという方でも、生活保護の申請をする前にしておく事があります。

それは、自己判断で仕事ができないと感じているのか担当医に仕事ができない状態であると言われたかどうかという事です。

もちろん、自分の体の状態ですから自分がよくわかるのですが生活保護を受けるには自己申告ではなく医師の診断が必要になります。

生活保護を受ける時には必ず、働ける状態なのか働けない状態なのか通院している担当医に診断書を書いてもらう事になります。

なので、自己判断で仕事ができないという事では生活保護を受ける事ができませんので生活保護の申請をする前に担当医に自分は仕事ができる状態なのかできない状態なのか確認してください。

生活保護の申請に行く

生活保護を受ける事ができる4つの条件を満たしており医師からも仕事ができない状態であると診断された場合は生活保護の申請をしてください。

市役所に保護課という課がありますので、そこに行き”うつ病で働く事ができずに生活をしていく事が困難である”という事をしっかり話してください。

まずは、相談という形になりますので今の自分の生活状況について話す事になります。

そして、今の状況が生活保護を受ける事ができるであろうと思われる時は生活保護の申請をする為の話しをしてくれます。

生活保護を受けるまでの流れとしては、相談→申請→調査→決定という流れになります。

生活保護の受けるまでに相談し申請し調査が入りますので、嘘をつかずに本当の事を話してください。

車なども通院するため為だったり車が必要な場合は認められる事もありますので、嘘を言わずに本当の事を話して申請してください。

生活保護の申請は原則14日以内に決定され最長30日以内に受給か却下が決まります。

まとめ

うつ病になった事で働く事ができなくなってしまった場合は生活保護を受けるという事を考えてみてください。

うつ病を書かながら無理に働いてしまうと更に悪化してしまう場合もあります。

もちろん、最初は有給休暇などを利用して退社するという事を長引かせて会社に行けるまでの状態になれば仕事をしながら治療をするのもいいです。

ですが、本当に外にも出れずに会社に行く事すらできないという方もいます。

うつ病になって働く事ができない状態になってしまった方は生活保護を受けるという選択肢もあるという事を頭に入れておいてください。

働ける状態の方は少しの時間でも働きながら生活保護を受ける事ができますので1度相談に行ってみてもいいかと思います。

あなたにおすすめの記事