Sponsored Link

部下がうつ病になった時の接し方についてまとめていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の接し方!

うつ病の方との接し方というのは難しい所があります。

うつ病の方と接するというのは言葉に気をつけたりなど気にする所が多くあります。

うつ病の方に言ってはいけない禁句ワードなどもありますが部下がうつ病になった事がきっかけで禁句ワードを知る方もいると思います。

家族や恋人がうつ病になったと言われると、一緒に治そうと治療について調べたり禁句ワードも調べると思います。

部下がうつ病になったという事でうつ病になった部下を気にしながら仕事をしているという方もいると思いますし部下がうつ病になった事で禁句ワードや接し方などを勉強しようと思っている方もいると思います。

ここでは、部下がうつ病になった時に間違った接し方をしない為に接し方について書いておこうと思います。

部下がうつ病になった時の接し方!

会社が原因でうつ病を発症する方もいる社会になってきています。

なので、部下がうつ病にならないように努力するのも会社の責任と言われていますし部下がうつ病になったという事で会社を巻き込んだ責任問題になる時もあります。

部下がうつ病になった事で上司の責任問題になってしまうという事もあり部下がうつ病を発症したという事を認めない上司も多いですので有給休暇などをとる事を認めない上司もいます。

ですが、今ここを読んでくれているという方はうつ病になった部下への接し方を知ろうとしてくれているという事だと思います。

うつ病の原因を探る

部下がうつ病になったと知った時にまずはうつ病の原因を探ってください。

勤務時間や仕事量が適切なのかどうかなどを確認してみてください。

あとは、人間関係が複雑じゃないかなどうつ病になった部下の方の状況を正確に確認してみてください。

責任重大な立場から補佐的な立場へ

うつ病になった部下の方が今現在責任重大な立場にいる場合は補佐的な立場にしてあげてください。

うつ病を発症する方というのは責任感が強い方が多いですので、うつ病を発症する前は仕事を安心して任せれる部下だったという事があります。

ですが、うつ病を発症してしまうとしようと思ってもできないという事がでてきますので責任重大な立場ではなく補佐的な立場にしてあげるといいです。

部下の気持ちを尊重

そして、部下の気持ちを尊重してあげてください。

責任重大な立場のまま頑張りたいと言われればそのままの立場にいさせてあげてください。

その変わり、フォローが必要だという事を頭に入れフォローしながら一緒に仕事を進めて行くという形をとってください。

上司がフォローできない場合は補佐的な人を置いてあげる事でやっていけるようになります。

うつ病を気にしすぎない

そして、うつ病という事を気にしすぎないという事が大切です。

うつ病だという事を気にしすぎないというのはうつ病という事を気にしすぎて発言を考えすぎていたり、うつ病という事を気にされすぎていると思うとうつ病の部下も少し疲れてしまいます。

なので、うつ病だという事を気にしすぎないようにしてください。

もちろん、発言などは気にしなければいけませんが目に見えるようにうつ病だという事を気にしすぎているという事を見せないようにしてください。

追い込む言い方をしない

うつ病の部下への接し方というのを読んでいるという方はしないと思いますが、追い込むような言い方をしないように気を付けてください。

仕事上で叱らなければいけない時もあります。

ですが、追い込んでしまうような言い方をしてしまってはいけません。

これは、うつ病の部下だけではなくほとんどの方に当てはまると思うのですが叱られたり追い込まれるよりも褒められた方が仕事のやる気になりますし効率も上がります。

追い込むというのは無意味だと思い部下を追い込む事を辞め褒めるようにしていく事で雰囲気もよくなりますし気持ちよく仕事ができると思います。

話しを聞く体制でいる

話を聞くという体制でいてください。

話しを聞くという体制でいる事でうつ病の部下の話しを聞く事ができるようになりますし相談しやすい環境に1歩近づきます。

上司が自分に話しを聞いてくれるという環境があれば相談もしやすくなりますし仕事もしやすくなります。

そして、うつ病になった原因を知るきっかけにもなりますので話を聞くという体制でいてください。

まとめ

部下がうつ病になった時は上司の責任問題にもなりかねませんので隠したくなる気持ちもありますが、しっかり対応していく事が大切です。

上司であるあなたの一言でうつ病を悪化させる場合もあります。

なので、接し方や言葉かけというのは気をつけながらしていかなければいけません。

無理にうつ病になった原因を聞き出すという事をせずに、うつ病の部下だけではなく他の部下なども働きやすい環境を作ってあげてください。

あなたにおすすめの記事