Sponsored Link

うつ病になった家族がいる方で間違った接し方をしていないか確認してみてください。

Sponsored Link

うつ病に家族がなった!

うつ病に家族の方がなったと聞くと一大事だと思います。

うつ病に家族がなってしまったら働けなくなってしまったりもしますし家から出れなくなってしまったりする時もありますし家族がうつ病になると生活が大きく変わってしまう時があります。

結婚している方で旦那さんや奥さんがうつ病になったとなると旦那さんが働けなくなったり奥さんが育児をできなくなったりしてしまうと大きく生活が変わってしまうと思います。

なので、家族がうつ病になってしまうと一大事ですし今後の生活をどうしようかと悩みますよね。

もし旦那さんや一家の大黒柱がうつ病になってしまいお金の不安がある方はまずは下記を参考にしてみてください。

家族がうつ病になったと聞いても、うつ病に対しての批判的に思っている事が抜けない方もいます。

逆に、うつ病に対して批判的な意見を持っていなかったけど家族がうつ病になったという事で批判的な意見を持ってしまう方もいると思います。

ですが、うつ病を発症した方にとって家族という存在は大きな存在ですのでうつ病に対して批判的な事を思っていても間違った接し方をしないでください。

きっと、これを読んでくれているという事は、うつ病の家族の為に接し方や禁句ワードなどを知ろうとしてくれている方だと思いますので嬉しく思います。

うつ病の家族への間違った接し方!

うつ病の家族に対して間違った接し方をしていませんか?

そもそも、なにが間違った接し方なのかわからないという方も多いと思います。

うつ病は理解されにくい病気ですし、うつ病に限らず病気はなってみないとわからない所が多いです。

うつ病は心に多く症状が出ますので、目に見えないのでわかりにくいですよね。

なので、うつ病の家族の事を考えてしている事でもうつ病の家族の方の負担になっているという事はあると思います。

ですが、それは仕方がない事ですが最低限の禁句ワードや間違った接し方などを知っておくといいかと思います。

禁句ワードは避け間違った接し方もしないように心がけてください。

ここでは間違った接し方について少し書いておこうと思います。

原因を探る

うつ病に家族がなったという事を聞いた時に原因を探るような事はしないでください。

大事な家族がうつ病になったという事で何に悩み苦しんでいたのかと知りたくなる気持ちになると思います。

ですが、うつ病になった原因を探るような事はしないようにしてください。

触れられたくない所もありますし、うつ病になった原因を探られていると気持ちが落ち着かないですし追い詰められている気持ちになってしまいます。

なので、うつ病になった原因を探るような事はせずにうつ病になった原因などについてはこちらから聞くのではなく話してくれるまで待ちましょう。

責める

そして、うつ病を責めるような発言はしないでください。

うつ病に家族がなったと聞いたすぐなどに責めるという方は少ないと思うのですが、うつ病になってしまうとやりたい事もできなくなってしまい怠けているように見えてしまう時があります。

うつ病の家族を責めてはいけないと最初はなにも言わなかったとしても少し時間が経つと責めてしまう言葉を言ってしまう時があると思います。

ですが、うつ病の家族を責める言葉は絶対に言ってはいけません。

うつ病になってしまう人というのは、元々責任感が強い方や真面目な方がなりやすい病気ですので自分がうつ病になったという事を1番自分が責めています

なので、うつ病の家族に対し責めるような言葉は言わないようにしてください。

責めるような発言をしてしまう前にストレス発散してくださいね。

愚痴や経済的・将来の不安を本人に話す

うつ病の家族と接していると愚痴も出てくると思いますし将来の不安も出てきますよね。

うつ病になった家族が旦那さんだったりすると経済的な不安も出てきますし将来の不安も出てくると思います。

そのような、不安をうつ病の家族本人にぶつける事は辞めてください。

経済的な不安や将来の不安が出てくるのは当然の事です。

うつ病という病気はうつ治るのか、どうすれば治るのかという事が全くわからない病気ですから漠然とした不安に襲われると思いますが本人に言うのではなく、うつ病じゃない家族や友人などに愚痴を聞いてもらってください。

うつ病を軽視しない

そして、うつ病を軽視している発言は控えてください。

先程も書きましたが、うつ病というのはなってみないとわからない病気ですし症状も1人1人違いますので、うつ病の方でも別のうつ病の方を全て理解するという事は難しいです。

なので、うつ病になった事のない方は”うつ病は甘えだ””そんな事で落ち込むの””うつ病なんて気持ちの問題””誰だって落ち込む事はある”などと、うつ病を軽視した言葉を言ってしまう事もありますし心で思っていると感情的になった時にとっさに出てしまうと思います。

ですが、うつ病を軽視した言葉や態度は控えてあげてください。

ここを読んでいるという事はそんな事は思っていないと思いますが、うつ病の事を知らない方で軽視した発言を自然としている方は結構多いです。

うつ病を意識しすぎる

うつ病を意識しすぎた態度や発言は辞めてください。

うつ病に家族がなったと聞き心配になり過剰に反応してしまう方がいるのですが、うつ病だという事を過剰に反応するのではなく禁句ワードなどに気をつけるようにし他はいつもと変わらずに接してあげてください。

まとめ

うつ病の家族の方がいると何かと大変な事があると思いますし大きく生活が変わってしまったという方もいると思います。

ですが、うつ病の方の意見を尊重しながら生活をしていってください。

旦那さんがうつ病になってしまうと経済的な不安が出てきてしまいとても不安な気持ちを抱えながら旦那さんを支えていかなければいけない事になりますが上記でも紹介していますが、うつ病になってもお金の不安を抱えずに生活をする方法はあります。

うつ病の家族を支えながら生活するという事は少なからず、うつ病の家族がいる家庭といない家庭とでは違いがあります。

なので、うつ病の家族を支えていく事で少なからずストレスを感じると思いますので他の不安というのは早い段階で取り除いておいてください。

様々な不安を抱えながらうつ病の家族を支えるというのは本当に大変ですしストレスの元になってしまい共倒れになってしまいかねません。

なので、不安に思う事は早めに解消しうつ病の治療に一緒に取り組んでいくようにしてください。

あなたにおすすめの記事