Sponsored Link

同僚がうつ病になった時の接し方について書いていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の接し方!

うつ病の方との接し方というのは難しいところがあります。

うつ病と聞くといいイメージをもってる人は少ないと思います。

うつ病と聞くと心が弱くてマイナス思考の人間というイメージを持ってる人が多くいますので、うつ病の人と関わるという事を避ける人が多いと思います。

家族や恋人がうつ病になったと聞くとうつ病について勉強したり接し方に気を付けてみたりすると思います。

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワードなどもあります。

うつ病の人と接するというのは難しい所もありますし気を使う所もあります。

ですが、うつ病という事を意識しすぎてしまって疲れてしまう方もいますので、うつ病の方と接する時の基本としては禁句ワードを避けうつ病という事を意識しすぎないようにするという事が大切です。

家族や恋人がうつ病になった時と違い同僚となると接し方というのは更に難しくなると思います。

なので、ここでは同僚がうつ病になった時の接し方をご紹介しておこうと思います。

同僚がうつになった時の接し方

今は、ストレス社会と言われ誰もが何かしらのストレスを抱えて生きていると思います。

家族や親などが原因でうつ病になる人もいれば幼い頃からの家庭環境が問題だったり会社が原因でうつ病になってしまう人もいます。

うつ病というのは絶対にこうなったらうつ病になるという事はなくうつ病になる原因というのは人それぞれです。

ですが、上司との関係や過度な労働など会社が原因でうつ病になる事があります。

なので、同僚がうつ病になったという方も多いと思います。

同僚がうつ病になったと知ると何かできる事はないかと考える人もいるでしょうし、どのように接していけばいいか悩む人もいると思いますので同僚がうつ病になった時の接し方についてまとめておこうと思います。

うつ病を意識しすぎない

同僚がうつ病になったと聞くとうつ病をあまり知らない人は、うつ病の同僚に”大丈夫””なにかあったら言って””助けになるよ””しんどい時は休んで”などと声をかける方が多いです。

ですが、うつ病を意識しすぎた声のかけ方はNGです。

なるべく、うつ病を意識しすぎずに今までと変わらない態度で接していく事を意識してください。

うつ病を意識しすぎるとうつ病の同僚は気になってしまいますし、どう思われているか気になったりしてしまいます。

なので、うつ病を意識しすぎず禁句ワードなどを避けるようにして接してください。

うつ病の原因を聞き出さない

同僚がうつ病になったと聞くと会社が原因なのか上司から何かされていたのかなど何かと原因が気になると思います。

ですが、うつ病の原因を聞き出すような事はしないようにしてください。

うつ病の原因というのは人に話したくない事ですし詮索されたくない所です。

なので、うつ病の原因を探ったりするような事はせずに普通に話しをしてください。

励まさない

同僚というのはよきライバルであり、お互い励まし合いながら仕事をしていく方が多いですが、うつ病になったという事で変に励ましたりするような事はやめてください。

同僚がうつ病になったと聞くと落ち込んでいるんじゃないかなど心配になりますが、優しさでうつ病の同僚に”これからやっていけばいいじゃん””お前なら大丈夫だよ”などと声をかけてしまいます。

普通の方からすれば落ち込んでいる時に励ましてもらえたりすると元気になったりすると思いますが、うつ病の方には逆効果になってしまいます。

なので、励まさずに今までと変わらず接してあげてください。

1番大切なのが次です。

サポートと甘えは違う

うつ病の同僚への接し方で1番大切なのが”サポートを甘えは違う”という事です。

うつ病になったら休職する方が多いですが、うつ病の治療をしながら働く方も多いです。

なので、上司からうつ病の方のサポートを頼まれる人もいると思います。

うつ病の同僚のサポートを頼まれた時に最初はよかったもののどんどん疲れてきてしまうという事があります。

うつ病の同僚のサポートをしていたら疲れてしまうというのは、うつ病を意識しすぎてしまい”自分がやらなければ”と思ってしまい疲れてしまうのです。

なので、うつ病の同僚のサポートをする時はうつ病を意識するのは辞めてください。

そして、サポートは甘やかすという事とは違うという事を頭に入れてください。

うつ病は今までできていた事ができなくなってしまう病気ですが全ての事ができないという訳ではありません。

なので、サポートはするが基本はうつ病の同僚に仕事をしてもらいできない所やミスをしそうな所をサポートするという形をとってください。

サポートは甘やかすという事とは違いますので、全部をやってあげるのではなくできない所やミスが許されない所を重点的にサポートしていくという事を意識してください。

うつ病の同僚もやってもらいすぎると”自分は会社にとって必要ないんじゃないか”と思ってしまいますので、手をだしすぎるというのもいけません。

まとめ

うつ病の同僚との接し方というのは今までと変わらずに禁句ワードだけを避けて接していくという事が基本です。

そして、仕事に関してサポートをするという事になった時は甘やかすのではなくミスが許されない所などをサポートしてあげてください。

サポートしすぎるのはよくないですので、どこまでやっていいのかという事を難しくなってきますが、うつ病の同僚と話しやすい関係性を作りできない事をできないと言いやすい関係性を作る事ができればサポートも楽にできると思います。

自分の仕事をサポートしてもらうというのは少し気が引けてしまう事ですので話しやすい関係性を作ってあげるという事がうつ病の同僚への最高の接し方かもしれません。

あなたにおすすめの記事