Sponsored Link

うつ病の初期症状が出ている方への接し方について書いていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の初期症状

うつ病の初期症状が出ているんじゃないかと思う方が周りにいませんか?

うつ病の初期症状というのは自分でもわからない方も多いですし、うつ病に詳しい人でないとうつ病の初期症状が出てていると気づく方は少ないと思います。

ですが、うつ病は早い段階で気づき治療を始める事がとても大切です。

どんな病気にも言える事ですが悪化してしまってから治療を始めるよりも初期症状が出ている段階から治療を始めた方が完治する可能性も高いですし完治するのも早いです。

ストレス社会と呼ばれている時代ですから、あなたの周りに1人はうつ病を抱えているという方がいるかもしれません。

ここで、うつ病の初期症状を知って、あの人はうつ病かもしれないと思うかもしれませんし自分に当てはまっている方もいるでしょう。

うつ病の初期症状と言っても必ずこの症状が出るとは限りませんが、眠れないというような睡眠障害や何をしても面白いと感じないなどという事が感じてきているとうつ病の初期症状の可能性があります。

うつ病の初期症状については下記で詳しく書いていますので気になる方は参考のしてみてください。

うつ病の初期症状が出ていても自分でうつ病の初期症状かもしれないと気づく方は少ないですので、少しでも可能性があると感じた場合は注意深く過ごしてみてください。

うつ病の初期症状の時の接し方!


うつ病の方への接し方というのはこのサイトで何度か書いてきました。

うつ病の恋人だったり家族だったり同僚だったりと様々な関係性の方との接し方に分けています。

関係性によって接し方というのは少しずつ変わってきます。

家族だったり恋人だったり同僚だったり関係性が近いか遠いかでも接し方というのは変わってくるのですが、うつ病の初期段階でうつ病を発症しているという事がわかった場合は関係性によって接し方がすごく変るという事はありません。

ここでは、うつ病の初期症状が出ている方への接し方を書いていこうと思います。

いつもと変わらない接し方

うつ病の初期症状が出ている方への接し方としては、いつもと変わらない態度で接していくという事を意識してください。

家族や恋人だったり近い存在の人がうつ病になったと聞くと心配になって色々言ってしまいそうになりますが、いつもと変わらない態度で接してもらう事でうつ病の方は安心します。

うつ病の方が1人で病院に行きうつ病だと診断された場合、家族や恋人にうつ病だという事を言いにくいという気持ちもあり、うつ病だと話した時はどんな事を言われるのか不安でいっぱいです。

なので、なぜうつ病になったのか、いつからなのかなど具体的にうつ病について聞く事は辞め、うつ病になったという事を受け入れてあげる事が大切です。

ですが、過剰に反応されてしまうと申し訳ない気持ちになってしまいますので、いつもと変わらない態度で接してください。

病院に付き添う

そして、次に病院に行く日に一緒に付き添ってあげてください。

うつ病の原因やいつからうつ病の症状が出ていたのかなど詳しく知りたい場合は主治医に聞くようにしてください。

一緒に病院に付き添うという事をするだけで、すごく心強いですし否定されない事で安心します。

うつ病の方は自分で自分を責めている状態ですから周りの方が責めたり否定したりするとダメです。

なので、病院に一緒に付き添い詳しい事は主治医に聞くようにしてください。

その時は、うつ病の方は待合室に待っててもらい不安に思う事やこれからの事を主治医に聞くといいでしょう。

励まさない・軽視しない

そして、励まさないようにしてください。

うつ病の初期段階でうつ病だとわかった時はそこまで深刻でなかったりします。

なので、主治医に状態などを聞き大した事がないと感じても”初期段階だから治るって””早く元気になろうね”などと声をかけないようにしてください。

うつ病の初期症状の時というのは、自分がうつ病になったという事を受け入れる事ができない方もいますし精神安定剤を服用する事を拒否する方もいます。

そんな時に、励まされたり軽視した発言をされてしまうと何とも言えない気持ちになってしまいます。

一緒に落ち込まない

家族や恋人など身近な人がうつ病になったと聞くと、うつ病になる程辛い事があったのかと落ち込んでしまいがちですが一緒に落ち込まないようにしてください。

家族や恋人など身近な方がうつ病になったと聞くと落ち込んでしまうかうつ病を軽視するかどちらかの反応をする方が多いと思います。

一緒に落ち込まれてしまうと困ってしまいますし、これから話していく事ができないですし無理に元気な姿を見せようとしてしまいます。

うつ病の方は元々真面目な方が多いです。

なので、うつ病の方がうつ病を発症したと話した時に相手が落ち込んでしまうと自分が原因で落ち込ませてはいけないと無理に元気な姿を見せたりしてしまいます。

そこで、無理をさせてしまう事で悪化してしまう時もありますので落ち込んでいてもうつ病の方の前ではいつも通りの態度でいてあげてください。

まとめ

うつ病の方への接し方というのは本当に難しいですhし時に疲れてしまう時があると思います。

ですが、うつ病は初期段階で治療を始めた方が苦しまずに済みますし生活が送れない程にまでになってしまうと本当に大変です。

なので、初期段階でうつ病だという事がわかった時はしっかりした対応をしてあげ治療に専念させてあげる事が大切です。

会社を退職するなどの事は時間をかけて話し合ってください。

あなたにおすすめの記事