Sponsored Link

うつ病の原因は親や家庭環境という事が多いようで、うつ病を発症した人の幼少期を調べてみるとある共通点がある事がわかりました。

Sponsored Link

うつ病を発症した人の幼少期

うつ病というのは心の病気ですので本人にしかわからない事というのが非常に多いです。

うつ病という病気はどうなったら発症するという事が解明されていませんので、うつ病の原因は不明とされています。

なので、うつ病を発症した人の分だけうつ病を発症した原因というのがあります。

うつ病になりやすい性格という方もいますしストレス社会ですから誰がうつ病になってもおかしくないと言われています。

うつ病をなぜ発症するのかという原因は不明とされているのですが、うつ病を発症した方の幼少期を調べてみると親の子育てが大きく関係している事がわかりましたし共通している出来事がありました。

うつ病を発症した人の幼少期
・親(母親)の子育ての態度の異常
・転居
・両親の不仲
・両親の別居や離婚

このような出来事が幼少期にあったという方が多いという事がわかりました。

うつ病を発症した方全員ではないですが、上記のような出来事があった事がわかっています。

うつ病の原因が親や家庭環境だけとは限らないのですが幼少期の頃にあった出来事が大きく関係するというのは事実のようです。

うつ病の原因は親と家庭環境

うつ病の原因は親と家庭環境という事が多いという事がわかりました。

うつ病の原因に親や家庭環境が直接的に関係している事もあるのですが幼少期の出来事が心や脳に影響を与え大人になってからある事がきっかけになり、うつ病を発症してしまうのでしょう。

離婚や虐待は脳にダメージを与える

離婚や虐待など幼少期の辛い思い出というのは脳内で危険と認識されてしまい強いストレスとして残ってしまいます。

幼少期に与えられた強いストレスというのは脳の一部の発達に支障を与えるという事が研究結果で出ているようです。

辛かった記憶などを忘れようとしたり忘れていたりしますが脳や神経には残っているので幼少期に与えられたストレスというのは心に大きなダメージを与えてしまうのです。

なので、うつ病を発症した時に抱えていた問題だけがうつ病の原因ではなく幼少期に与えられたストレスが長い時間かけて心の負担になっているという事なのです。

愛情不足

愛情不足というのは心に大きなダメージを与えます。

親からしっかり愛情をもらえなかった事で寂しいという感情を常に持っている状態になってしまい孤独感を感じて生きている事になってしまいます。

親に愛されるという事で安心感を覚える事ができますので愛情というのはとても大切なのです。

大切な親からの愛情を受けずに育ってしまうと寂しいという気持ちを抱え心が満たされない状態のまま大人になってしまいます。

愛情不足がうつ病の原因になってしまう時もあります。

自信が持てない育て方

自分に自信をもつ事ができない育て方をしてしまうとうつ病になりやすい性格になってしまいます。

親に”だから、ダメ””なんでそんな事もできないの?””なにもできない子だな”など否定されながら育ってしまうと、自分に自信をもつ事ができない人間になってしまいます。

愛情不足も自信を持てない人間に育ってしまいますし離婚や虐待も同じことが言えます。

放置されすぎていても自分に自信をもつ事ができないですし、過保護に子供の事をやりすぎても自分に自信がもてない人間になってしまいます。

まとめ

どうでしたでしょうか。

うつ病を発症した方は思い当たる事があるんじゃないでしょうか。

もちろん、幼少期に辛い思いをしていてもうつ病にならない方だっています。

同じ環境で育ってもうつ病になる人もいればうつ病にならない人もいます。

なので、幼少期に辛い思いをしていても何も問題なく育つ人もいます。

ですが、幼少期に経験した事や親との関係性がうつ病を発症させる原因になるという事は事実ですので今子育てしている方はしっかり愛情をあげてください。

あなたにおすすめの記事