Sponsored Link

うつ病でお金がなくて病院に行けないというと時に病院に行く方法をご紹介しておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病でお金がない!

うつ病でお金がないという人は結構多いと思います。

うつ病を発症して仕事に行けなくなってしまい辞めてしまい、今まで貯金してきていたお金を使い生活している人もいると思います。

うつ病を発症している事に気づかずに働くのを辞めてしまう人もいると思いますし病院に通っていながら貯金で生活していてお金がどんどんなくなっていき、お金がなくて病院に行けないという状況にまでなる人もいます。

うつ病でお金がなくて病院に行けない時はある

うつ病を発症してしまうと精神科に通い薬を処方してもらうのですが3割負担だと、だいたい2000〜3000円程度かかりますので負担になると思います。

毎日毎日、病院に行く訳ではないですが何週間に1回病院に行っていたら結構な負担になってしまいます。

一人暮らしをしている方だったら生活費にもお金がかかりますし仕事を辞めてしまったら貯金を切り崩すか実家に帰り生活していくかしかないですが、仕事を辞めてしまうとなかなか厳しくなってしまいます。

うつ病を発症する人というのは元々の性格が真面目だったりしますので、友達にお金を借りる事ができなかったりもしますし親に心配をかけたくないという気持ちからうつ病を発症したという事を親に言えない方もいます。

誰かに助けを求める事ができずにお金がなくなってしまい病院に行けないという状況になってしまう方がいます。

お金がなくて病院に行けないとなると本当に困りますので、ここでお金がなくても病院に行く方法をご紹介しておこうと思います。

うつ病でお金がなくて病院に行けない時に病院に行く方法

うつ病でお金がなくて病院に行けない時に病院に行く方法というのはあります。

お金がないと病院に行けないと思っている人がほとんどですが、実際にはお金がなくても病院に行く方法はあります。

うつ病になりお金がなくて病院に行けない状況になった場合に病院に行く方法というのは無料低額診療を利用してください。

無料低額診療

無料低額診療というのは低所得者などの方が医療機関が無料か低額な料金で診療を行う事業の事です。

無料低額診療は低所得者の方や要保護者やホームレスの方などが利用できる制度になっています。

生活保護を申請するという方法もあるのですが、まずは相談に行き申請に行きなど時間がかかってしまいますし生活保護はお金がないというだけで受ける事ができる制度ではありません。

なので、まずは無料低額診療を利用するには無料低額診療を行っている病院に行き受付で無料低額診療を受けたいと伝えてください。

そうすると、病院にいる専門の担当者との面談が始まり収入や生活状況や健康状態などを確認し無料低額診療を受ける事ができるか受ける事ができないか判断されます。

無料低額診療を受ける事ができれば生活が改善するまで受けれるようになっていますが、だいたいが3ヶ月か6ヶ月という期間を設けています。

まとめ

うつ病の方がお金がなくて病院に行けないという方は生活保護を受けるまで誰かに頼るか生活保護を受ける事ができない方は無料低額診療を申請してみてください。

お金の不安があると心が休まらないので、うつ病を発症したとなった時にすぐに仕事を辞めるのではなく、お金の不安を解決してから仕事を辞めてください。

仕事に行けない状態になってしまって行きたくても行けないという方は、生活保護を申請するなり実家に帰るなり、なるべくお金の不安をなくし安心して生活を送ってください。

あなたにおすすめの記事