Sponsored Link

うつ病の診断書をもらって休職する際に休職期間などについてまとめておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病で診断書をもらい休職はできる?

うつ病を発症し仕事に行く事が困難な状態になってしまい仕事を退職するか悩む方も多いと思います。

会社が原因だったり仕事をしなくてもなんとか生活していく事ができるという方は退職をするのもありですが、なるべく退職はしないようにしてください。

会社を簡単に退職する事ができる人の方が少ないと思いますので会社に行く事ができない方はまずは有給休暇などを利用すると思います。

そして、うつ病を発症し精神科に行きうつ病という診断書をもらい休職をする事になると多います。

ですが、有給休暇を取得する事も難しいという会社も多い中で休職する事ができるのかと思うと思います。

実際に、休職する事が難しい会社もありますし休職制度がない会社も存在します。

休職制度がない会社の場合だとうつ病と診断され診断書を持っていっても休職する事は難しいです。

休職制度がある会社でもうつ病の診断書を持っていき休職したい事を伝えてもすぐに認めてもらうことができない場合が多いです。

ですが、うつ病は休職制度を利用できますので休職制度はしっかり取得してください。

直属の上司に相談しても休職を認めてもらえない場合は、更に上の上司に診断書を持っていきましょう。

うつ病の診断書を持って行き休職をする際に期間など気になると思います。

うつ病の休職期間はどれぐらい?

うつ病の診断書を持って行き休職する際に休職期間はどれぐらいもらえるのか気になる所だと思います。

休職制度は病気が治る前取得する事ができるという事が基本なのですが、そんなに甘い会社はなかなかありません。

ですが、うつ病に必要な休職期間というのがありますので知っておいてください。

最低でも必要な期間を知る事でしっかり上司と話す事ができると思います。

うつ病に必要な休職期間

うつ病に必要な休職期間というのがあります。

うつ病は3ヶ月以内に完治する人が30%で70%の方が1年以内に完治し復職する方が多いです。

なので、うつ病で休職する方というのはだいたいの方が半年程の休職期間という方が多いです。

うつ病を発症し退職ではなく休職する事に決めた方は、少し短いですが半年程の休職期間をもらえる方が多いです。

もちろん、勤務年数や役職などでも左右されるのですが半年程度の休職はもらえるんじゃないかと思います。

会社によっても休職期間というのは違いますので休職する前に休職期間を確認しておいてください。

まとめ

うつ病で診断書を貰い休職する前にしっかり休職期間を確認し休職してください。

半年という休職期間はうつ病の方にとっては短いですが、あまりに長い期間休職してしまうと会社に復帰しずらくなってしまいますし、長い期間会社に行かない期間があると会社に行きたくない気持ちも出てきてしまいます。

なので、半年という休職期間はうつ病の方にとっては短いですが長すぎるのも後々大変な事になりますので休職期間に完治しなくても会社に行く事ができるまで復活できればOKです。

あなたにおすすめの記事