Sponsored Link

うつ病の診断書をもらい休職した時の給料などは一体どうなるのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病の診断書をもらって休職

うつ病を発症し病院から診断書をもらい休職する事を選択する人は少なくないと思います。

会社が原因でうつ病を発症したという方は退職を選択する方も多いとは思いますが、簡単に退職を決意できる人は少ないでしょうし休職制度があり利用できるなら休職して会社に行く事ができるようになるまでになった時に復帰しようと考えると思います。

うつ病を発症し診断書をもらい休職する時には休職期間をしっかり確認しておいてください。

うつ病を発症して休職中に会社に行き仕事ができるまでになるには期間も必要ですが給料などの心配などもしたくないと思います。

休職ができゆっくりする時間ができたけどお金の不安に襲われてしまっては疲れてしまいます。

なので、ここでは休職中の給料などについて書いていこうと思います。

うつ病の診断書をもらい休職した時の給料はどうなる!?

うつ病を発症し診断書をもらい休職した時の給料は一体どうなるんだろうと思っている方は多いと思います。

うつ病を発症して休職をする時には休職期間と給料というのは必ず確認しておいてほしい所です。

休職期間中の給料というのは一体どうなるのでしょうか。

うつ病で休職中の給料は会社による

休職期間中の給料の支払いについて法的な決まりはありません。

なので、休職期間中の給料をどのようにするかという事は会社によって違いがあります。

休職期間中に100%の給料を36ヶ月以上支給してくれる会社もあれば減額して支給する会社も存在します。

100%支給するという企業は7.2%あるという事もわかっていますので100%支給してくれる会社も実際に存在するようです。

休職期間中の給料については会社によって違いが大きくありますので社内規定を確認するか会社に確認するなどの事をしなくてはいけません。

休職期間中も給料を100%支払ってくれる会社だったらいいですが全く支払ってくれない会社も当然あります。

全く給料を支払ってくれない会社だった場合、休職しても給料がなくなってしまい生活が困難になってしまいます。

なので、そのような場合は傷病手当金を申請しましょう。

うつ病で休職する場合は傷病手当金をもらおう

うつ病を発症し休職する際に助けになってくれるのが傷病手当金です。

傷病手当金というのは、働けなくなった人に対して国がお金を補てんする制度で、うつ病も対象に入っていますので傷病手当金の受給条件に当てはまっている人はすぐに申請してください。

傷病手当金の受給条件
1.業務以外の事由によるケガや病気の療養のための休業である
2.仕事に就くことができない
3.連続する3日間を含み4日間以上仕事に就けなかった
4.休業した期間について給与の支払いがないこと

このような条件がありますので当てはまっている方は傷病手当金の申請をしてください。

この条件で気をつけなければいけないのが連続する3日間を含み4日間以上仕事に就けなかったという所なのですが、この日数は有給休暇を利用して休んでいる日は含まれませんので気を付けてください。

傷病手当金は申請から1ヶ月で支給がスタートしますし給料の67%が支給されますので今までの給料と同じ額とはいきませんが生活はやっていけると思います。

うつ病を発症して働けない状態になってしまいお金の不安を抱えているという方は下記を参考にしてみてください。

まとめ

うつ病を発症して診断書をもらい休職する事を選択した方は休職期間と休職期間中の給料についてはしっかり確認しておいてください。

休職期間も大切ですが給料がなくなってしまいお金の不安を抱えながら治療をしていくという事は難しいです。

なので、休職期間中は全く給料が支給されないという方は傷病手当金の申請をしてください。

会社の方から傷病手当金について言われる事はあまりありませんので、自分が知っておく事が大切です。

うつ病を発症して休職や傷病手当金の申請など大変な事ですが、ここをやっておかなければしっかり治療に専念する事ができませんので必ずやっておいてください。

あなたにおすすめの記事