Sponsored Link

うつ病の種類とうつ病の症状の表れ方をまとめておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の種類一覧

うつ病と言ってもうつ病の中にも種類があります。

知っている方も多いと思いますが、まだまだ知らない方の方が多いと思います。

ここでは、うつ病の種類と症状の表れ方をまとめて書いておこうと思います。

メランコリー型うつ病

メランコリー型うつ病というのは、元々神経症性うつ病と呼ばれていたものです。

うつ病と聞くと、このメランコリー型うつ病の事を指す方が非常に多く仕事熱心で誠実で真面目な頑張り屋さんが発症する事が多いです。

このメランコリー型うつ病は40代以上の方が発症する事が多いうつ病の型です。

メランコリー型うつ病の特徴・症状
・何もやる気が起きない
・今まで楽しかった趣味なども興味をもてなくなる
・集中力がなくなる
・憂うつな気持ちや不安に襲われる

上記のような症状が表れるのがメランコリー型うつ病です。

うつ病と聞くと上記のような症状が頭に浮かぶ方が多いと思いますし一般的なうつ病の症状とはこのようなイメージだと思います。

メランコリー型うつ病の対応
メランコリー型うつ病と診断された時はしっかり休む事が1番大切になってきます。
ただただ、会社を休んでゆっくりするのではなく心も体も休まるように休むことが大切です。

メランコリー型うつ病は心が限界を超えてしまった事で発症する病気ですので、しっかり休息をする事が治療になります。

逃避型うつ病(新型)

逃避型うつ病というのは、よく新型うつと言われているうつ病です。

逃避型うつ病になりやすい人というのは、いつも周りの目を気にしていたり人の顔色を伺う事が多い方が逃避型うつ病を発症しやすいです。

逃避型うつ病は20代や30代の型が発症しやすいと言われており、その中でも特に女性が発症しやすいうつ病と言われています。

若い男性も逃避型うつ病を発症する方はいますが7割の方が女性という結果になっています。

今後は、この逃避型うつ病を発症する方が増えてくるとも言われています。

逃避型うつ病の特徴・症状
・人間関係でトラブルがおきやすくなる
・激しい感情を人にぶつけてしまう
・楽しい事・趣味などには気分がよくなる
・嫌な事は必要以上に落ち込む
・食欲は過食気味
・鉛様まひがでる(手足に思い鉛がついたように体が重く感じる)

逃避型うつ病の型は上記のような症状が表れます。

逃避型うつ病の対応
逃避型うつ病の対応としては、メランコリー型うつ病とは全く逆で規則正しい生活を心がけるという事が大切になってきます。
朝起きた時にカーテンを開け太陽の光を浴び昼間に仕事に行き夜はしっかり眠るという規則正しい生活を送り1日1日今日はこれをしようなどと小さな目標を作り生活する事が大切です。

そして、逃避型うつ病の方は薬物療法が中心になってきますから主治医としっかり話し合い薬物療法に取り組んでいってください。

うつ病の種類は大きく分けて2種類なのですが、うつ病症状の表れ方というのにも2種類存在します。

症状の表れ方!

うつ病の種類・症状の表れ方というのは大きく分けて2種類ずつあります。

うつ病

うつ病と聞くとこの症状が思いつくと思います。

抑うつ気分の症状だけが表れるうつ病の症状の表れ方です。

楽しいという感情を持てなくなりテレビを見ていても面白いと感じる事がなくなってしまう症状と共に、体重の減少や疲れやすくなっていたりという体の症状も表れてきます。

双極性障害抑うつエピソード(躁うつ病)

双極性障害抑うつえぴーソードというのは躁うつ病と言われていたものです。

躁うつ病の中にも躁状態と抑うつ状態の両方が表れるⅠ型と抑うつ状態と軽い躁状態の両方が表れるⅡ型があります。

最近は、ラピッドサイクラーというのもありラピッドサイクラーは急速に躁状態と抑うつ状態が表れると言われています。

まとめ

うつ病と言っても全て同じ症状で全て同じ治療をすればいいという訳ではありません。

休息が必要なうつ病もあれば休息ではなく規則正しい生活を送る事が大切な種類もあります。

この、必要な治療や過ごし方が全く違いますので医師にしっかり自分の状態を話す事はすごく大切です。

もし、今行っている病院の担当医が話しにくいと感じている場合は別の病院に行って自分と合う医師と出会う事もうつ病の治療には大切な事です。

あなたにおすすめの記事