Sponsored Link

うつ病の診断書の料金や料金の基準などについて書いていこうと思います。

そして、うつ病の診断書のもらい方や書いてもらう内容まで紹介しておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の診断書の料金

うつ病の診断書の料金が知りたいという方いるんじゃないでしょうか。

うつ病の診断書というのは保険適用外ですので実費で支払う事になりますので料金は気になる所だと思います。

うつ病の診断書の料金は地域や各医療機関などによって多少違いは出てくるのですが、簡単なものなら2000円~3000円程の料金で診断書を貰う事ができます。

複雑なものになってくると3000円~6000円程の料金で診断書を貰う事ができます。

簡単な診断書というのは、記載内容は診断内容だけという事です。

複雑な診断書というのは、診断内容以外にも記載内容があるもので保険会社に提出する際にもらう診断書は複雑な物になります。

ですが、簡単な診断書や複雑な診断書という基準は各医療機関によって判断は違いますので参考程度にしてください。

うつ病の診断書の料金の基準はどのようになっているのでしょうか。

うつ病の診断書の料金の基準

うつ病の診断書をもらうのにこんなに料金がかかるのかとビックリした方も多いと思います。

診断書というのは保険適用外ですし診断書の料金の基準というのがなく各医療機関が自由に決める事ができます。

うつ病の診断書を実際にもらった方ならわかると思うのですが診断内容がや休養期間などが記載されているだけで”これだけしか書いてないのにこんなに高いの?”と思った方も多いと思います。

ですが、診断書というのは診断書を書いた医師が診断内容を責任を持つという事も料金内に含まれていますので、それを考えるとそこまで高いとは感じないと思います。

うつ病の診断書のもらい方

うつ病の診断書のもらい方というのを書いておこうと思います。

うつ病の診断書というのは初診で診断書を書いてもらう事はできます。

うつ病の診断書をもらわなければいけない時は、まずは専門医に行き診察してもらいうつ病と診断されたら医師に”〇〇で必要なので診断書を書いてください”と伝えてください。

診断書を書いてもらう時はしっかりなにに必要なのかという事をしっかり伝えてください。

うつ病と診断されてからは、うつ病の診断書をもらう事ができますので医師になにに必要なのか伝えるだけで書いてもらう事ができますので診断書を貰うというのは難しい事ではありません。

診断書にはなにを書いてもらえばいいのでしょうか。

うつ病の診断書の内容

うつ病の診断書に書いてもらう内容というのが気になると思います。

うつ病の診断書をもらう時に必ず”何に必要なのか”という事を伝えてください。

何に必要なのかという事で診断書の内容は変わってきますので必ずどこで提出するのかという事を具体的に伝えてください。

会社を休職する際は必要な休職期間なども書いてもらってください。

うつ病の診断書の内容は、なにに必要なのかという事で内容が変わってきますので、しっかり伝えてください。

まとめ

うつ病の診断書の料金というのは各医療機関によって差はありますが、だいたいの料金はここで紹介した料金になります。

地域や各医療機関によって誤差はありますが、そこまで大きな差はありませんので参考にして頂けたらと思います。

診断書を貰う時の注意点としてはしっかり何に必要なのかを伝える事と期間なども書いてもらえるようにしてください。

初診でも診断書をもらう事ができますが医療機関によってはすぐに書いてもらう事ができない医療機関もありますので、気を付けてください。

あなたにおすすめの記事