Sponsored Link

うつ病の治療費が高いと感じている方は多いと思います。

うつ病の治療費が他界と感じた時に治療費を安く抑える方法がありますので、ご紹介しておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の治療費が高い

うつ病の治療費が高いと感じる方はいるんじゃないでしょうか。

うつ病を発症すると毎週病院に行く人もいれば2週間に1回3週間に1回とその人によって病院に行く頻度が違うと思いますが、毎回病院代を払い薬代を払うとなると結構負担に感じる方もいると思います。

毎回、病院代と薬代に数千円と払っていると負担に感じる方もいます。

うつ病を発症した事で今までと同じように働く事ができなくなった方もいるでしょうから、できる限り出費を抑えたいと思いますよね。

ですが、病院代を安くする方法なんてないと思ってしまうと思うのですが治療費を安くする方法はありますので参考にしてください。

うつ病の治療費を安く抑える方法!

うつ病の治療費を安く抑える方法があります。

うつ病を発症し通院しなければいけなくなってしまい治療費が高いと感じた時は自立支援を利用する事で治療費を安く抑える事ができます。

自立支援医療を利用する事で通常3割負担のところ基本1割負担になります。

そして、世帯収入によって自己負担額の上限が設けられますので予想外の大きな治療費を防ぐ事になります。

自立支援医療を利用するには、自立支援申請書も貰い主治医に記載してもらい市役所に持って行き申請が通ると自立支援医療受給者証が届きます。

この自立支援受給者証が届くと自立支援制度を利用する事ができます。

だいたいの病院では、自立支援制度の手続きは病院がしてくれる所が多いですので主治医に自立支援制度を利用したい事を伝えてください。

そうする事で、自立支援制度を利用できるように手続きをしてくれます。

まとめ

うつ病の治療費を安く抑える方法というのはあります。

自立支援制度を利用する事で3割負担を1割負担にする事ができますので、かなりお金の負担は減るんじゃないでしょうか。

自立支援制度を利用するまでに期間はありますが利用できるようになると、その後は更新手続きだけで済みますので1度やってしまうとお金の負担が減りますのでおすすめです。

うつ病を発症すると生活の不安やお金の不安などをできるだけ減らした方がいいですので、自立支援制度はなるべく利用するようにしてください。

あなたにおすすめの記事