Sponsored Link

うつ病の診断書に嘘を書いてもらう事はできるのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病の診断書

うつ病の診断書をもらいたいという方が多くなってきているようです。

うつ病の診断書を初診でもらいにくる人がここ最近増えているようで、その理由が”会社を休みたいのでうつ病の診断書を書いてください”という方がいるようです。

うつ病の診断書をもらい会社に提出し休職しようと考えている方だと思います。

うつ病の診断書は担当医に”こういう理由で診断書がほしい”と言えば医師が書いてくれます。

うつ病を発症し会社に診断書を提出しなければいけない時や保険会社に提出しなければいけない時など診断書が必要な時があります。

うつ病の診断書はなにに必要でどこに提出するのかで診断書の内容が変わってきますので、しっかり医師に伝えてください。

うつ病を発症し診断書が必要になる事があるかとは思いますが、うつ病を発症していないにも関わらずうつ病の診断書んを書いてもらう事は可能なのでしょうか。

うつ病の診断書に嘘を書いてもらう事はできる?

うつ病の診断書に嘘を書いてもらう事ができるのかと検索している方がいます。

うつ病の診断書に嘘を記載してもらう事は不可能です。

医師にうつ病の診断書を書いてほしいと頼んでもうつ病を発症していなければ、書いてもらう事はできません。

うつ病の診断書というのは、医師が診断書の内容を保証しますという事も含まれていますので、医師が嘘の診断書を書くと犯罪になってしまいます。

医師が嘘の診断書を書く事は不可能ですが、医師は患者が正直に話している前提で診察を進めていきますので患者が嘘をついてうつ病を装い医師がうつ病の診断書を書く事はできると思います。

ですが、この方法も犯罪になりますので絶対にやってはいけません。

うつ病だけではなくどんな病気でも患者が装っていれば嘘の診断書を書いてもらう事ができますが犯罪になってしまいますのでやめておきましょう。

医師は診断書の内容を保証する事になりますし嘘の診断書を書く事は犯罪になってしまいますので、嘘の診断書を書いてもらう事は不可能です。

まとめ

うつ病の診断書で嘘の診断書を書いてもらう事はできません。

会社を休みたいという理由で”うつ病の診断書を書いてほしいです”と言っても書いてくれる医師はいないと思います。

うつ病と嘘をついて装って診断書を書いてもらってもずっとうつ病を装って生きていくのはかなり大変ですし、うつ病を診断されてしまうと今後生命保険などに入る時に色々大変ですし、嘘をつくと犯罪になってしまいますので、嘘はつかない方が自分のためになるでしょう。

あなたにおすすめの記事