Sponsored Link

うつ病の初期症状がでているんじゃないかと思っている人がいる方はここでうつ病の初期症状を知り、しっかり様子を見てあげてください。

Sponsored Link

うつ病の初期症状!

うつ病の初期症状というのは絶対にこの症状が出るという事を言う事はできません。

うつ病は初期症状だけではなく、うつ病という病気の症状が人それぞれ違いますので、ハッキリとこの症状が出たらうつ病ですと言う事はできません。

うつ病の初期症状は、睡眠障害や集中力がなくなりイライラしていたりという症状がでる方が多いです。

うつ病の初期症状については下記でまとめてあります。

集中力がなくなったりイライラする事が多かったり、全く笑う事もなくなってしまったりなど会社や家族などで様子がおかしいなと感じる方がいるんじゃないでしょうか。

うつ病の初期症状というのは目に見えてわかる方もいればわからない方もいます。

うつ病の初期症状を出ていても本人ですら体調が悪いなと感じているぐらいで自分がうつ病なのかもしれないと思っている方は少ないです。

ですが、うつ病は早くうつ病という事を知り治療を始めた方が確実にいいです。

なので、もし周りに様子がおかしいなと感じる方がいる方はうつ病の初期症状が出ている人の特徴を少しでも知って頂き声をかけてあげてください。

うつ病の初期症状がでてる人の特徴!

うつ病の初期症状がでている人の特徴というのをご紹介しておこうと思います。

一緒に住んでいる家族の方の様子がおかしいと感じている場合は、まずはよく眠る事ができているのかという事を確認してください。

家族の場合
・よく眠れているか
・食事は食べているか
・テレビや電話などで楽しそうにしているのか
・テレビを見て笑っているのか
・家族とコミュニケーションをとっているか
友人の場合
・食事を食べているか
・体重の増減は激しいか
・楽しそうに話しているか
・自分以外の友人とも会っているか
同僚の場合
・お昼は食べているか
・体重の増減は激しいか
・休憩時間になにをしているか
・楽しそうにしているか

このような所をチェックしてみてください。

うつ病の初期症状が出ていると、すこし暗い顔をしていたり悩み事を抱えていますので1人で考え事をしている時があると思います。

友人の前や会社などではいつも通り元気な姿を見せている方も多いと思うのですが、休憩時間に何をしているのかというのを気にしてみてあげてください。

1人で考え事をしている事が多いと感じたり、なにか様子がおかしいと感じたら少し気にかけてあげてください。

まとめ

あなたが、声をかけてあげる事でうつ病という事に早く気付けるかもしれませんし、うつ病を発症する前に元気になるかもしれません。

うつ病は、自分でも気づかない事が多く気付いた時には遅いという事が多いです。

なので、身近に様子がおかしいと感じる方がいる場合は注意深く見てあげ、そっと寄り添ってあげてください。

うつ病の初期症状が出ているなと思った時は、接し方を読んで頂き声をかけてあげてください。

接し方も大事ですので時間がある方は読んでくださいね。

あなたにおすすめの記事