Sponsored Link

うつ病を発症し初期段階の時にうつ病をいう事が発覚した方の種類別の過ごし方についてまとめておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の初期段階

うつ病という事に初期段階で気づく事ができたというのはすごくいい事です。

日ごろから自分の体調に気を付けていた人か周りにあなたの事をしっかり見ていてくれる方がいたから初期段階で気づく事ができたのでしょう。

うつ病の初期段階というのは、睡眠障害や食欲不振などの症状が出る方が多いです。

特に理由もわからないのに涙が出てきたりなどという方もいるでしょう。

きっと、初期段階だとしても自分がうつ病を発症したという事を受け入れる事ができない方もいると思います。

うつ病は病気ですが、この薬を飲めば治るという病気ではありません。

薬を飲みながらしっかり自分と向き合い環境を整えていき治療を進めていかなければいけません。

きっと、精神安定剤や睡眠導入剤などを処方されて薬に抵抗がある方もいると思います。

薬は飲みたくないなら主治医に飲みたくない事を伝えてください。

まず、うつ病の初期段階でわかったら自分がうつ病だという事を受け入れる事から始めてください。

そして、うつ病と診断された時にうつ病の種類を聞いてください。

主治医に聞けば教えてくれますので、自分が発症したうつ病の種類を聞かなければ過ごし方も全く違いますので間違った過ごし方をしてしまいます。

なので、まずはうつ病の種類を聞いてくださいね。

自分が発症したうつ病の種類がわかるという方はこのまま読み進めてください。

うつ病の初期の種類別の過ごし方!

うつ病の初期の時にしっかり主治医に種類を聞き正しい過ごし方をしていきましょう。

メランコリー型

メランコリー型うつ病というのは、世間一般の方が思っているうつ病です。

メランコリー型と主治医に言われた方は休養が治療の鍵になります。

心から休養する
軽い運動をする
大きな決断はしない

この3つの事を守り過ごしてください。

心から休養するというのは、ただ仕事を休みダラダラ過ごすという事ではなく会社に有給休暇や休職届けを出し仕事の事や将来の事など不安な事を考えずに心から安らげるようにするという事です。

これは簡単な事ではないですが、ただダラダラ過ごすという事だけをしてもダメです。

心が疲れ切ってしまっているので心から休養する事が大切です。

そして、家の中でもいいですから軽い運動をする事も大切です。

逃避型

逃避型うつ病と診断された方はメランコリー型の方とは違い休養ではなく規則正しい生活を心がけてください。

逃避型の方は朝起きた時にカーテンを開け夜にはぐっすり眠るという事を心がける事が大切です。

メランコリー型の方とは全く逆の過ごし方になりますので種類をしっかりしっておかなければいけません。

逃避型の方は日常の中で1つ小さな目標を決め過ごしてくだしあ。

例えば、毎朝必ず朝食を食べるでもいいですし夕食は自炊をしようでもいいです。

小さな目標を1つ決め目標を達成できた時にしっかり自分で自分を褒めてあげてください。

まとめ

メランコリー型うつ病と逃避型うつ病では同じうつ病ですが過ごし方が全く違います。

なので、必ずうつ病を診断された時に種類を聞いてください。

種類を間違えてしまうと治療の仕方が違いますので、いつまでもよくなりませんというよりも逆効果になってしまいます。

なので、必ず種類を聞き自分の種類に合った過ごし方や治療法に取り組んでください。

あなたにおすすめの記事