Sponsored Link

うつ病は甘えと言われる事が多いですが甘えすぎと思っている方もいるようです。

Sponsored Link

うつ病と甘えは違う

うつ病は甘えと言われる事が多い病気です。

うつ病は2つの種類があります。

種類によって治療法は変わるのですが、うつ病はゆっくり休息する必要がある病気です。

ゆっくり休む事が大切になってくる病気ですので、甘えや逃げと言われても仕方がない病気です。

うつ病は心だけが問題の病気ではなく脳内の脳内物質が減少している事が原因でうつ病の症状が出てしまっています。

なので、うつ病と甘えは違うのです。

うつ病と甘えは違いますが、うつ病は甘えや逃げと言われても仕方がない病気ではあると思います。

うつ病は心の病気ですが心だけではなく脳内物質が減少している事が原因で休息が必要になっています。

なので、甘えている訳ではないのです。

ですが、うつ病の人の中で甘えすぎている人がいるんじゃないかと思っている人がいるんじゃないかと思います。

うつ病の人は甘えすぎている?!

うつ病の人を見ていると甘えすぎているんじゃないかと思う方もいるんじゃないでしょうか。

うつ病を発症した事をきっかけに人に甘えるという事を始めて経験した方もいると思います。

うつ病を発症する方というのは、責任感が強くて人に頼る事をせずに自分で全て抱え込んでしまう方が発症しやすいと言われています。

なので、発症した事をきっかけに人に甘えるという事を始めて体験する方もいると思います。

なので、どこまで甘えていいのかわからずに甘えていると甘えすぎている方も中にはいます。

甘えすぎている事に本人は気付かずに甘え癖がついてしまっている方もいると思います。

ですが、甘えすぎている方に対してうつ病だからという事で何も言えない方もいると思いますが、うつ病の方が甘えすぎていると感じた場合はハッキリと言うのはなく少しづつ自立できるように手伝ってあげてください。

甘えすぎていると言うのではなく少しづつ自立できるようにしてあげてください。

いきなり、手を話してしまうと逆効果になってしまいます。

なので、ゆっくり自立させてあげてください。

甘えすぎているとハッキリ言ってしまうと本人は思い悩んでしまいますので言わないようにしてください。

うつ病なので甘えているだけなのか判断がつかないという時は、見分け方を参考にしてください。

まとめ

うつ病の方は甘えている訳ではないですが甘えていると言われても仕方がない病気であり休息が必要な病気ですが、甘えすぎはよくありません。

うつ病はゆっくり休息する必要がありますが、甘えてばかりではいけません。

甘えすぎているというのは、人それぞでの基準で判断されてしまうので、ここではどこからが甘えすぎているとは言い切れないですが、うつ病と甘えの見分け方をやってみてもらえれば判断できると思います。

見分け方で判断する事ができれば甘えすぎとも思わないのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事