Sponsored Link

うつ病は目で見てわからない病気ですが実際には、うつ病は顔つきで判断する事ができます。

Sponsored Link

うつ病は顔つきで分かる!

うつ病というのは心の病気ですから見た目でうつ病だという事はわかりにくいです。

うつ病というのは、心のバランスを崩してしまい脳内物質が不足する事でうつ病の症状が出てきます。

骨折などだと目に見てわかりやすいですが、うつ病は目で見てこの人うつ病だなとはハッキリとはわかりにくい病気です。

ですが、本当は目で見てうつ病だという事を判断できる方法があります。

目と口の周り

うつ病を発症している人は目と口の周りが青白いという特徴があります。

お風呂に入ったりマッサージをしたりする事で血流を良くして顔がほんのり赤くなっているのに目と口の周りは青白いという方が周りにいるとうつ病を発症している可能性があります。

うつ病が進行していると顔色が茶色っぽい感じになってしまっている方もいます。

姿勢

姿勢でうつ病を発症しているか判断する事もできます。

うつ病を発症している方はストレートネックの方や首が前に落ちている方が多いです。

ストレートネックだからうつ病という事ではないですが、うつ病を発症している方の中にはストレートネックの方が多いです。

これは、姿勢ではないですが首が長い人や首が細い人などもうつ病を発症している可能性があります。

ひげ(女性だけ)

これは、成人女性の方だけなのですがホルモン異常を起こしている事が原因で男性と同じようにひげが生えてきたり、ひげが濃くなってしまう事があります。

まとめ

うつ病という病気は目で見てわかる病気ではないですが知っていれば目で見て判断する事もできなくもないです。

上記の症状が全てうつ病の症状という訳ではありませんが、うつ病を発症している人に出てきやすい症状ではあります。

1つの判断材料として覚えて頂いて入ればいいと思います。

上記の症状がないからうつ病という訳ではありませんので安易に判断するのではなく上記で紹介した症状と見分け方で判断してください。

うつ病は目に見ただけでは判断できませんが見分ける事は可能です。

あなたにおすすめの記事