Sponsored Link

うつ病の人には言ってはいけない禁句ワードがあります。

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワード7つをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワード

うつ病の人の身近にいると、うつ病の人との接し方に悩んだり距離感に悩んだりとする時が多いと思います。

うつ病の人に対して優しく接したりしてくれる方が多いと思うのですが、うつ病という事を知ると接し方もそうですが言葉なども気を使うと思います。

職場などだとそこまで気にしてられないと思いますが家族や恋人だったら言葉や接し方はすごく悩む部分だと思います。

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワードを知って少し悩みを軽くしておいてください。

うつ病になった方の身近にいる方が疲れてしまうと共倒れになってしまいますので考えすぎずに禁句ワードと正しい接し方を知っておきましょう。

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワード7つ!

うつ病の人には言ってほしくないワードというのがあります。

うつ病の人は精神的に辛い時ですし、うつ病になった事で脳の変化でマイナス思考になっています。

なので、普通に言った言葉でも落ち込んでしまう時があります。

禁句ワードというのは、うつ病になった原因などでも少し変わってくると思いますが基本的な禁句ワードというのがありますので禁句ワード7つを今回は紹介しておこうと思います。

頑張れ!励ましの言葉!

頑張れというのはうつ病の人への禁句ワードというのはほとんどの方が知っている事だとは思います。

知っている事なのですが大切な人だからこそ言ってしまう時だってあると思います。

一緒に治そう元気になってほしい元の元気な姿が見たいと強く思う事で発してしまう時だってあるでしょうし、うつ病になった人の話を聞いていて頑張ってねと言いたくなる時もありますよね。

ですが、うつ病の人は頑張って頑張って頑張りきった事でうつ病になっているので頑張る気力がありません。

頑張る気力がないのに頑張ってと言われると追い詰められている気持ちになります。

頑張って以外にも、元気になってね!笑顔が見たい!などの言葉は頑張ってと同じ効果があります。

うつ病の方には励ます事はしない事が大切です。

たいした事ないよ!うつ病を軽視

うつ病を軽くみている発言はうつ病の方の前では禁句です。

励ます言葉に似ているのですが「すぐ治るよ」などの言葉もしんどいと思う時があります。

そんなに考え込まないで」「たいした問題じゃないよ」などという言葉も禁句です。

考え込まなくて済むなら考え込んでいないのです。

勝手に、考え込んでしまうのでどんどん追い詰められてしまい心が疲れてしまうのです。

意識して考え込んでいる訳ではないので考え込むなと言われても、それができたらうつ病にはなっていないよなどと思ってしまいます。

そんな事で?

そんな事で?と思う事でも、うつ病の方は深く考え込んでしまうのです。

そんな事で?と思う事でも、本人にとってはすごく重要な事だったりしますし考え解決しないとずっとその事が頭から離れない時だったあります。

なので、「そんな事で?」「他の人は我慢できてるよ?」「そんな事で落ち込んでいるの?」など小さな悩みだという事をハッキリと言う事はやめてあげてください。

そんな事で?と思っても一緒になって解決に導いてあげる事が大切です。

やってみなければわからない

やってみなければわからないなどやってもいないのに無理だと決めつけるなと言われる事があります。

人と話す事が無理になっていたり職場での環境が原因でうつ病になった方は電車に乗る事も仕事着に着替える事すらできなくなってしまう時があります。

やってみたらできるかもしれないから挑戦しよう」「やってみてできなくてもいいじゃん」などの、とりあえずやってみようという言葉はよくありません。

うつ病になりできない事が増えて、それを克服しようと思うと当然ですがやってみなければわからない事だってある事はわかっています。

ですが、今はそのタイミングではないのです。

仕事着に着替える事なんて数分の問題で仕事に行けと言っている訳ではないと思うでしょうが仕事着に着替えるだけでも嫌な事が思い出されてしまうのです。

うつ病の方は本当にスローペースに感じると思いますがスローペースでもうつ病の人の中では頑張っているのです。

動き出すタイミングは自分で決めさせてあげてください。

気持ちの問題

うつ病なんて気持ちの問題だよ!」という言葉は頑張れなどの言葉以上に禁句ワードです。

うつ病を軽視していると似ているのですが、気持ちの問題で解決できる事だったら解決していますし解決する気力すらないのです。

誰だって落ち込む時あるよ」「ストレス発散できてないだけじゃない?」など精神論で話されると本当に辛い気持ちになります。

精神論で体が動くならベッドからでていますし外出もしています。

頑張れと気持ちの問題というのは本当に言ってくる方が結構いますから身近にいる方は絶対に言わないであげてください。

頑張れや励ましの言葉など以上に気持ちの問題と言われる事が辛いです。

うつ病の辛さはなった方にしかわかりませんし気持ちの問題ではないという事もわかりにくいと思いますが気持ちの問題というワードは絶対に言わないであげてください。

なんでできないの?

これは、うつ病になりなにもできない時に「なんでできないの?」と言われても自分でもわからないのです。

動きたくても体は動かない時もありますし、やらなければいけないと思っていてもできない事があるのです。

なんで外に出れないの?」「なんで話す事ができないの?」など当たり前にできる事を当たり前にやれと求められる事が辛いのです。

当たり前の事ができなくなって一番辛いのは自分ですし当たり前の事を当たり前にしたいと心から思っています。

そして、なぜできないのかもわかりません。

できないのにできない事を言われるとやらなければいけないと追い詰められてしまうのです。

なので、当たり前の事ができなくても見守ってあげてください。

感情的な言葉

最後に、感情的な言葉は禁句ワードです。

うつ病の方にご飯を作ってあげたのに一口も食べなかったらどう思いますか?

せっかく作ってあげたのに」などと思いますよね。

うつ病の方を支えている方でやっても喜ばなかったり想像している反応が返ってこない時など落ち込んだりイラっとしたりすると思います。

その時に、感情的な言葉で話をしてしまうのは避けてください。

あなたの為にやってあげたのに」「私がなにやっても無駄なの?」「もっと努力してよ」など感情的になって話をすると、うつ病の方は心が不安定になっているので同じように感情的になってしまう方もいますし感情的になって相手が言った言葉をそのまま受け止めてしまう方もいます。

支えている方も同じ人間ですから感情的になる時だってあると思うのですが、その時の気持ちをそのまま言葉にして伝えるのではなく1度発散してから伝えてあげてください。

まとめ

うつ病の方への禁句ワードは本当に日常に溢れている言葉だったと思います。

日常生活を送っていれば言われる言葉で逆に言う言葉でもあるのですが、うつ病になってから言われるとすごく重いのです。

頑張れって言っただけで?」などと思ってしまうと思うのですが、頑張れと言われるとなにをどう頑張ればいいのかと悩み始めますし頑張る気力がないので頑張る事ができずに自己否定してしまうのです。

なので、なるべく励まさず期待しているような言葉は避ける方がいいです。

人に期待される事はすごく嬉しい事なのですが期待されると期待に答えなくてはならないと思ってしまい期待に答えられない事に落ち込んでしまうのです。

期待せずにゆっくりゆっくりあなたのペースでいいよという気持ちで向き合ってみてください。

うつ病の人への禁句ワード
頑張れ!・励ましの言葉
大したことじゃない!
そんな事で?
やってみなければわからない!
気持ちの問題!
なんでできないの?
感情的な言葉
あなたにおすすめの記事