Sponsored Link

うつ病の原因というのは一人一人違いますが浮気が原因でうつ病を発症するという方は少なくないのです。

そんなときあなたはどうしますか?

Sponsored Link

うつ病の原因

うつ病を発症するきっかけになる原因というのは一人一人全く違います。

仕事のストレスでうつ病になったり家族関係や金銭的な事など挙げだしたらキリがない程うつ病になる原因というのは多くあります。

うつ病はうまくストレスを発散する事ができない事でストレスが溜まっていき事で発症すると言われています。

ストレスをうまく発散できない方も少なくないですしストレス社会と言われる程どんな方でもストレスを抱えている物です。

そして、今目の前で起きている事だけが原因でうつ病を発症するのではなく幼い頃からの家庭環境などが根本的な原因になっている事もあります。

根本的な原因は幼い頃からの環境が原因の方もいますし、目の前にある原因だけが問題という方もいます。

うつ病はこれが原因で発症しましたと言い切る事ができない病気ではあります。

ですが、結婚している方でもしていない方でも大切な人の浮気が原因でうつ病を発症してしまう方は少なくないのです。

うつ病の原因が相手の浮気という事はよくある事

恋愛というのは本来は楽しい物ですよね。

ですが、楽しいだけが恋愛じゃない事も事実です。

大切な人と色んな事でケンカしたり問題を乗り越えたりする事で絆が深まっていき、どんどん自分の中で大切な人の存在が大きくなっていきます。

そして、この人だと思えた人と結婚し家族になります。

そんな大切な人に浮気をされた事が原因になってしまいうつ病を発症したという方は少なくないのです。

恋人や旦那さん・奥さんというのは、とても大切な存在で信頼できる相手であり信頼している相手でもあるでしょう。

そんな人に浮気=裏切りをされるとショックで気が狂ってしまいます。

浮気が原因でうつ病を発症する方がいるというのは想像しやすいのではないでしょうか。

浮気をされてしまい、その事をうまく発散させる事ができずに悲しい気持ちや浮気されたという現実を受け止めきれずに心が病んでしまいうつ病を発症してしまった。

そんな時あなたはどうしますか?

浮気が原因でうつ病になったらどうすればいい?

浮気をされた事が原因でうつ病を発症した時にあなたはどうしますか?

浮気をした相手を気が狂ったように責め立てる人もいればショックのあまりなにも言えない状態になってしまう人もいるでしょう。

今回は、結婚しているという体で進めさせていただきますね。

離婚せずに支えてもらう

離婚せずに支えてもらうという人も少なくないと思います。

うつ病を発症した事で相手の方も本当に反省し支えていこうと決意する方もいます。

うつ病を発症した本人も離婚を考えられないという方もいます。

浮気された事はショックだけど離婚をしたいという気持ちまでいかないという、自分でもスッキリしない気持ちを抱えている人も少なくないですよね。

本当は離婚届を叩きつけたいけど気持ちはそうじゃない方もいるでしょうし、お子さんがいれば子供の為にと我慢される方もいると思います。

うつ病を発症し冷静に考える事ができない間は大きな決断は避けた方がいいですので離婚をしないという選択もいいでしょう。

離婚せずに浮気した相手にしっかり謝罪してもらい夫婦生活を送っていく中で償ってもらう。

そうしているうちに、うつ病が治ったという事もありますし治る方もいるかもしれません。

ですが、うつ病の原因が夫婦関係の場合は離婚した方がいいと思います。

浮気が原因だったら離婚した方がいい

もちろん、これは離婚を勧めている訳ではありません。

うつ病を発症してすぐは大きな決断などをする事は避けた方がいいですので冷静に考えれるようになるまでは離婚話をせずに待ちましょう。

うつ病の原因が浮気や夫婦関係だった場合は離婚した方がいいというのは、やはり相手の顔を見るだけで思い出してしまったり帰りが遅かったり連絡が取れない時間があると浮気を疑ってしまったりと自然になってしまいます。

一緒にいる事で支えてもらえる部分はありますが、やはり心から信頼していた分信頼できなくなった時のショックや、その後の行動などで不安は消えず心が安定しないんです。

まずは、心が安定する環境で生活する事を優先してください。

もしかしたら、それが離婚をせずに一緒にいる事かもしれませんが相手の事を疑いながら生活する事は想像以上に心が疲れてしまいます。

相手の事を疑ってしまう気持ちがあり心が安定しないという方は離婚した方がいいと思いますし離婚ではなくても別居などをするのもいいです。

離婚をしても支える事はできる

離婚してもあなたの事を支える事は可能です。

離婚というのは戸籍上の問題で気持ち的な問題と離婚というのは違うでしょう。

浮気した側もうつ病を発症させてしまった責任を感じ離婚を望まれたら離婚に応じる方もいます。

ですが、あなたの事が本当に大切だったら離婚をしたとしても支える事はできます。

一緒にいる事だけが支えるという事ではなく浮気が原因でうつ病を発症したのなら一歩距離を置いて支えてもらう・支えていくという事もできます

少し距離を置く事で自分に向き合う事もでき心の安定を撮り戻せるかもしれません。

個人的には浮気が原因だった場合は1度距離を置くのがいいんじゃないかと思っています。

離婚という書類上ではなく別居という形でもいいですので1度距離を置いてみて相手との事をゆっくり考え少し現実から離れてみるのもいいです。

そうする事で見えてくる所もあれば、ゆっくり気持ちの整理もできます。

ゆっくり時間をかける

浮気が原因でうつ病を発症する方は多いですが夫婦の事は夫婦にしかわからない事もあります。

浮気が原因=離婚”という事ではありません。

ただ、うつ病の原因になっている事から離れる事で心の安定を取り戻す事もできるのです。

離婚というのは本当に体力を使いますし、うつ病を抱えながらの離婚というのは余計に悪化する事もあります。

なので、大きな決断は避けてほしいですが避けてばかりではだめな時もあります。

そんな時は、1度距離を置く事も大切です。

あなたにゆっくり考える時間をくれないような相手の為にあなたが焦る必要はありません。

ゆっくりゆっくり自分の時間で考えていけばいいのです。

まとめ

浮気が原因でうつ病を発症した場合は夫婦でゆっくり時間を取り時間をかけて考えてください。

その事を考える事すら無理だという方は離婚してしまった方がスッキリするでしょう。

自分がどうしたいのかわからない状態にいる方がほとんどだと思いますので、時間をかけゆっくり考えていきましょう。

そして、浮気が原因でうつ病になった事を話せる人に話してください。

あなた1人で抱えていくのではなく一緒に両親や兄弟・友人などにも考えてもらいましょう。

1人で抱え込まずに時間をゆっくりかけていき考えましょう。

あなたにおすすめの記事