Sponsored Link

どんな病気でも遺伝はあると言われていますよね。

うちはガン家系などという方も結構いらっしゃると思うのですが、うつ病も例外ではなく遺伝というのはあります。

Sponsored Link

うつ病の原因

うつ病の原因というのはストレスや過度な労働などが原因になる事が多いと言われています。

ストレス社会ですから、うまくストレスを発散する事ができずにため込んでしまいうつ病を発症してしまうという事です。

ですが、うつ病の原因はストレスや過度な労働など今現在目の前で起こっている事だけが原因ではない事があります。

幼少期の頃の家庭環境が大きく影響している事もありますし、その家庭環境の事が根本的な原因であり発症するきっかけになったのが今目の前で起きている事だという事もあります。

うつ病を発症してしまう原因というのは様々な事があり性格だったりという事だってあります。

うつ病になった人の数だけ原因があるでしょう。

その中に親がうつ病だったら自分にも遺伝するんじゃないかと思う人がいます。

逆に、遺伝ではなく親がうつ病にだったから家庭環境が悪くて自分もうつ病になったという風に思う方もいるのですが実際にうつ病というのは遺伝すると言われています。

うつ病は遺伝する

うつ病は遺伝すると言われています。

うつ病は心の病気ですが他の病気と同じように遺伝というのはあります。

うつ病の人がいる家族といない家族ではうつ病の発症率は2~3倍うつ病の家族がいる家庭の方が高いのです。

家族にいるという事で、うつ病というのが身近にあるからじゃないかと思う方もいらっしゃると思いますが、養子に出された子供の育ての親がうつ病を発症したときと生みの親がうつ病を発症した場合で比べてみると、やはり生みの親がうつ病を発症した子供の方が発症率がぐっと高くなるのです。

この結果から、やはりうつ病は環境も関係するのですが遺伝するという事を否定する事はできないのです。

もちろん、うつ病の方を支えている事でうつ病を発症してしまうケースというのはあります。

ですが、うつ病というのは遺伝するという事は養子に出された子供の調査結果で関係しているという事がわかると思います。

親がうつ病だからって絶対うつ病になる訳ではない

うつ病は遺伝する事は調査結果でわかっているのですが親がうつ病だから子供も必ずうつ病を発症する訳ではありません。

なので、自分がうつ病だから子供もうつ病になってしまうんじゃないかと思い悩む事はやめてください。

うつ病になるにはきっかけが必ずあります。

あなたも、うつ病になるきっかけがあったはずです。

なので、いくら遺伝するという事がわかったとしても、うつ病を発症するきっかけに子供が出会うかで会わないかの問題なのです。

人生なんの問題もなく生きていける人はいないですから、どこかでつまづき悩み苦しむときが必ずあります。

そんな時に、子供の心が折れてしまわないように育ててあげてください。

自分がうつ病になった事で子供へ影響を最小限に抑えたいと考えている方は下記を参考にしてください。

親がうつ病だから子供もうつ病を発症する訳ではなく、うつ病の人がいない家族よりもなりやすいという事だけです。

ただそれだけの事ですので、子供の事をしっかり考え心を育ててあげる事で全く問題はありません。

まとめ

うつ病は遺伝するという事は調査結果でわかっているのですが必ず遺伝する訳でもなく、ただうつ病を発症しやすいという事です。

うつ病を発症するきっかけになる事と出会う事がなければうつ病を発症する事はありません。

どんな事がきっかけになってうつ病を発症するかという事は人によって違いますので、子育ての段階で自分で問題を解決できる能力などを身につけさせてあげる事が大切なんじゃないでしょうか。

そして、頑張りすぎない事やストレスを適度に発散するなどが大切ですね。

一人で抱え込んでしまう性格というのは幼い頃から見えますので、そのような性格の子だったら親や周りに頼ったり話したりできるようにしてあげてください。

あなたにおすすめの記事