Sponsored Link

出産を機にうつ病を発症した方の体験談です。

妊娠や出産でホルモンバランスを崩してしまっている上に新しい生活環境で子供の面倒だったりと色んな事が重なり心身ともに疲れ切ってしまう時期でもありますよね。

同じように、妊娠や出産をきっかけにうつ病を発症した方もいるんじゃないでしょうか。

Sponsored Link

パーフェクトでいたかった

うつ病を発症したきっかけになったのは出産後、日中は自分一人でずっと子供の面倒を見なくてはいけなく精神的にも体力的にも疲れたからです。

また、子供に対してパーフェクトでいたい他人から悪い母親だと思われたくないという気持ちからうつになりました。

また、その時主人は育児に協力的でなかった事も原因だと思います。

家で仕事をしていたため、ずっと孤独でした。

仕事の締め切りに終われ、早く仕事を終わらせなくてはいけないというストレスとオムツかえたり、ミルクあげたりと、思い通りにいかない子育てが更にうつを悪化させたと思います。

完璧な母親でいたかった

自分は母親として大丈夫なのか子供の完璧でいられているのか。

子供を幸せにできているのかという自分の気持ちが本当に辛かったです。

また、義母や近所の人がどういう風に自分を見ているのかっという気持ちに悩みました。

ママ友を作りたいと思って作りましたが、みんな上部だけな関係でマウンティングや悪口などが多く、付き合いたくないと思うようになりました。

ただ子育ての相談などを話したいだけなのに、ママ友たちに会うことによって他人からの評価を気にしたり人の悪いところを知ったりで辛かったです。

友人の一言で考えが変わった

信頼している友達に相談したところ「自分は自分なんだから、人の意見や思いを気にする必要ない」と言われ、考え方を変えるようにしてみました。

家でじっとしているだけでは嫌なことばかり考えてしまうので、ベビーカーで近所を歩いたり、近所の新しいお店探しなどをし、外に出るようにしました。

また、ヨガを始めたことで気持ちがポジティブになり、ストレス解消ができました。

体を動かすことはすごく大事だと気づきました。

ママ友とは付き合いをやめました。

心を整理できるようになった

ヨガを定期的にやることで心を整理できるようになりました。

友達のヨガ講師からは忙しい時は太陽礼拝だけでもやれば良いと言われ、軽い気持ちでやっています。

生理前はイライラした気持ち、ネガティブな気持ちでうつっぽくなりますが、アロマオイルをお風呂に入れ、ゆっくり浸かるようにしたり、落ち込んだときは大好きなスイーツを我慢せずに食べるようにしています。

そして、たっぷり寝るだけで次の日には嫌な気持ちが消えています。

今うつ病で悩んでいる方に伝えたい事

誰かに話し、自分の気持ちを少しでも吐き出しましょう。

家族、友達はもちろん、今はSNSもあるので、twitterなどで呟いても良いと思います。

人に話したり、思いを伝えるだけで気持ちが楽になります。

また、体と心は繋がっているので体を動かすようにしましょう。

朝日と一緒に家の近所を散歩したり、家で太陽礼拝するだけで気持ちが切り替わります。

完璧な人間なんていません。

自分は自分、自分のやり方でOKなのです。

まとめ

出産をし子供が生まれた事で子供の為に完璧な母親でいようと頑張り続けてしまったんですね。

これは、他人事ではなく女性にとっては身近な問題です。

育児は誰でも初めての体験です。

失敗して悩んでと少しづつ母親になっていくのですが最初から完璧な母親を目指してしまう事でうつ病を発症してしまう方がいます。

ですが、完璧な母親でなくてもいいんです。

ゆっくりゆっくり、子供と成長していけばいいんです。

あなたにおすすめの記事