Sponsored Link

職場での人間関係がうまくいかなかった事がきっかけになり、うつ病を発症した女性の方の体験談です。

Sponsored Link

うつ病のきっかけは人間関係

うつ病になったハッキリとした原因は今でもわからないのですが、おそらく会社での人間関係及び周りからの目など長年積もったものが限界に達したことが考えられると思います。

新しい部署への異動や私生活での変化も多かったため、新しい環境になれるのにも時間がかかり、プレッシャーも多い仕事でした。

その他にも会社の中で色んな目で見られていることも長年感じていました。

自身ではうまく対応できていると感じていたのですが、ある仕事をきっかけに会社での自分の立場に息苦しくなり、周りとのコミュニケーションがどんどん怖くなると共に、衝突が増え最終的には自身の感情を全くコントロールできなくなり、気づいたら病院にかからないといけない程まで悪化していました。

人と関わる事ができなくなった

まず症状としては、人とのコミュニケーションが全くできなくなりました。

電話にも出れず、外出もできない、電車等に乗るなども全くできなくなりました。

更には体調的にも夜はほとんど眠れなかったり、夏なのに冬服を着ているなど自律神経失調によるひどい寒気などもありました。

最初の1カ月はとにかく何もできなかったと思います。

治療のためクリニックに通う以外はほとんど自宅で過ごしており、SNS等外との関わりもすべて遮断していました。数カ月してほんの少しずつ生活ができるようになると、今度は働けない自分をどんどん追い詰めるようになり、金銭的な不安が大きくなっていきました。

傷病手当金等もありましたが、手続きをするにも人と関わるのが怖く結局解決しないまま悩み続けていました。

頑張らない事から始めた

クリニックに通いながら先生と話し、まず頑張らない事から始めました。

無理に何かをしようとしない、無理に眠くない時には寝なくてもいいと自分に余裕をもつところから始めました。

そして時間がかかってもいいので、抗うつ剤ではなく、漢方や生活改善で治していくことで体の副作用は最小限に抑えようと努力しました。

その他にもうつ病の本を買って自身の病気について理解することにも努めました。

自身の症状の改善には今の会社から離れることは絶対必要だと思っていたので、時間をかけて少しずつ自分に余裕がもてるようになってから退職の手続き等を進め、原因となった場を離れることで人間関係などの問題は解決していきました。

更に金銭的な不安に関しては家族と話し合い、次の就職のさいはフルタイムではなくパートタイム、そして自身の病気についてもつつみ隠さずお伝えし、無理をしないことを前提に仕事を再開しました。

完治した今でも、たまに不安になる事はある

うつ病になってからの半年は体調も不安定で悩むことも多かったですが、体調が回復し転職してからはダメだったらまた休めばいいという心に余裕をもって過ごすようにしました。

2年経った現在では薬の服用や通院もなく、日々の生活を過ごせていますが完治した今でもいつまた再発するのかと怯えている部分は正直あります

何をするにもその恐怖がつきまとうことで、もしかしたら一生切り離せないのかもしれませんが、病気になってからの自分の方が心に余裕を持てていることは事実ですし、病気にならなければもっと重症化してたのではないかと思います。

そしてそれをきっかけに新たな分野に進むことができ、無理なく生きることができているのだと感じています。

今、うつ病で悩んでいる方に伝えたい事

私も突然発症し何がなんだかわからないまま体は衰え、たくさん悩んだ時間はありましたがいつかは絶対よくなると思います。

そしてそのためには周りのサポートが不可欠だと思います。

あなたにおすすめの記事