Sponsored Link

学生時代に一生懸命勉強や部活を頑張っている時に、うつ病を発症してしまった女性の方の体験談です。

Sponsored Link

うつ病になったのは高校生の時

新学校で勉強に力を入れている高校に通っており、私も昔から勉強はできる方だったので一生懸命いい大学に行こうと日々勉強を頑張っていました。

新学校なので成績順にクラス分けがありいつもトップのクラスに属していました。

中高一貫校で高3になり、外部と内部を合わせて成績順にクラス分けをしそれから一気にクラスの雰囲気も変わりました。

朝、学校に行けばもうみんな勉強してるのは当たり前でトップのクラスではほとんど部活を辞めている人ばかりでした。

私は最後まで部活を続けたかったのもあり、6月ごろまではみんなが勉強している中朝練に行ったりしていました。

昼休みも10分休憩も単語帳やノートを出して勉強をしているのが当たり前で葬式のような静かさと張り詰めた空気ですごくクラスにいるのが心地悪かったです。

それでも、みんなに負けない。
いい大学に行きたい。
親も期待している。

という考えから日々頑張っていました。

私の親は地元ほ国立の偏差値60くらいの大学に行くことを望んでおり、それ以上の国立大学に行くなら他県に出て行ってもいい。

と昔から言っていました。

なので、必死に勉強して早く親元を離れたくて他県の大学にいけるように必死に勉強しました。

しかし、高3の夏休みの模試の結果がでたあと、他県の大学で良い判定を出してここの大学に行きたいと言うと親は”そこは駄目だ!お前には無理だ。絶対落ちる。”と言い始めました。

幼かった私は言っていたことが違うじゃないか?と何のために勉強しているのかとなりました。

また、そんなことがありしばらく勉強に身が入らないでいると仲のいい友達と一緒に通っていた個人塾の先生が仲のいい友達だけに個人授業をし始めて彼女だけがどんどん伸びて行く。

あたしには何でしてくれないの?やっぱり人間って平等じゃないね。って。

そもそも勉強に身が入ってなかった私が悪いのかもしれない。
全部私が悪い。
私が勉強できたらこんなことにならなかったのに。

どんどんネガティブな思考になりました。

そんな状況で学校に行けば、クラスの雰囲気は勉強ばかり、担任の先生もホームルームで毎日あせらせるような言葉をいい、どんどん余裕も自分も居場所もなくなりました。

親の期待に応えるのことも面倒くさい。

もう、勉強なんてどうでもいいと思い小さい頃からずっとやってきた勉強を放棄しました。

しかし、辞めたら辞めたで罪悪感とこれからどうするの?

という不安からどんどん精神的に不安定になっていき、寝られないし朝は身体が重くて息苦しくて動けなくなり学校に行けなくなってしまいました

常に不安で不安で仕方なかった

うつ病になり悩まされたことは常に不安で不安で仕方なかったこです。

そして、普段の自分とは違う思考になるのですごくネガティブで面倒くさい自分になってしまうことです。

いつもどうしたら死ねるかとか考えられなくて自分を傷つけようとばかりしていました。

また、外に出ること人と話すことを苦しいのでどんどん家に引きこもり、でも引きこもることで罪悪感からまた辛くなり、また外に出られないという悪循環にはまっていくことです。

また、母や父は自分の子に限ってうつ病になるはずないと思うのでなかなか理解されることもなく心が孤独なっていくことです。

理解が得られないと母や父が望む子になれなかったことが情けなくて、誰も味方がいない気がしてきます。

また、高3の最後の時期に不登校になったので、自分の中で高校の思い出はあまり良いものではありません。

自分の気持ちを打ち明ける事ができなかった

病院に行くと気分を安定させてくれる薬や眠れる薬を出してくれるので少しは楽になります。

それから、病院の先生はカウンセラーの人でも誰でもいいので正直に自分の気持ちを言える人を作っていくことです。

始めは本当に難しかったです。

人間不信なので誰かに自分の気持ちを打ち明けるのに時間がかかりますし、先生と合う合わないがあるので大変でした。

そして、時間をゆっくりとかけてもいいので話を聞いてもらい気持ちが楽になっていったら、次にどうしたら今の状況から抜け出せるか一緒に考えることです。

私は高3だったので卒業すればみんなバラバラでそれが逆に良かったのかもしれません。

社会人であれば、しばらく休職するとかその後転職することも大切なのかもしれません。

自分にとっての悩みの種は何なのか?

ということをしっかり理解しそれを解決するには考え方を変えればいいのか、環境を変えればいいのかということを分析して楽にいきていける方法を見つけることだと思います。

うつ病になって許容範囲が増えた

うつ病になってから勉強するだけですごく嫌な気持ちになって受験はしないでおこうかと考えていた時期もありましたが、せっかく今まで勉強してきたこともありちょっとだけ勉強するだけで入れるところでもいいからどこか大学に行きたい!と思い1年後に大学受験をしました。

ほとんど勉強もやってないので高校の友達からすればもったいないと言われるような大学に行ったと思われてるかもしれませんが、自分が興味がある勉強のできる大学に行けたのでこれでよかったと思います。

うつ病になったことで、いい大学行っていい会社行って…という私の中での完璧主義のところが少しずつ許容範囲が増えて生きるのか楽になりました。

今は気ままに大学生活を送っています。

今、うつ病で悩んでいる方に伝えたい事

辛いことがあるなら逃げてもいい。

逃げることは決して悪いことじゃない。

あなたはずっと今まで頑張ってきたんだよね。

頑張って頑張ってもう頑張れないところまできたからちょっと心が休みたいって言っているんだよ。

あなたの本当の声を聞いてあげて。

今は全部、真っ暗でもうこの世のおしまいだと思うよね。

周りの人は無責任にいつか明るい未来があるからとか、大丈夫だって。

とかいうけどそんな適当なこと言わないでとか思うよね。

私もそう思うよ。

だけど、あなたのことが大切で好きだからそう言ってくれる人もいるって知っておいて下さい。

あなたにおすすめの記事