Sponsored Link

会社の環境がきっかけでうつ病を発症した女性の体験談です。

この、女性は22歳でうつ病を発症し1年程で完治されたそうです。

Sponsored Link

うつ病のきっかけは会社の環境

新卒で入社した会社の環境がきっかけでうつ病になりました。

私が入社した会社は全体で50名ほど。

うち社内メンバーが20名、出向メンバーが30名。

私は社内メンバーとして採用されました。

社内ではECサイトの運営を担当し、先輩から業務を教わっていました。

最初のうちは頑張ろう!といったやる気があったのですが、日々を過ごしていくうちに社内の人たちの暗さ、元気のなさ、仕事への熱意のなさ、だらしなさを感じ、だんだん私も暗くなり、元気もなくなっていきました。

数ヶ月経つと会社に行くことも辛くなり、だんだん休むように。

先輩から怒られたり、注意されることへの不安から行くことができなくなりました

そのことを話を聞いてくれる先輩に相談したところ、それは心の病気だよと言われて自覚致しました。

ベッドから起きる事もできなかった

どんなに頑張って会社に行こう!と思っていても、ベットから起き上がれない、家から出れない、ご飯が食べれないといった症状がでて、会社にいけば先輩に怒られる、注意される、みんなから見られているからちゃんとしなきゃいけない、といった妄想をし始めることでどんどん会社に行けなくなってしまいました。

一度休むとまた次の日も休みたくなります。

しかし行かなければいけないので、次の日行くと、周りがあまり心配してくれない。

なんで休むの?みたいな顔をしているように思う。

そうやって、どんどん自分を追い込んでいってしまいました。

人目を人一倍気にするせいで、ちょっとしたことでも気になるようになりました。

ギリギリ頑張ってみたけど…

社内にいる1番話しやすい先輩に状況を伝えました。

伝えた内容としては、社内にいると苦しくなること、元気がなくなること、自分を良く思ってくれてないこと、仕事についていけないこと、朝起きても会社に行ける元気が出ないこと、教えてくれる先輩といるといつ怒られるか怖くなってしまうこと、全て伝えました。

その先輩は寄り添って聞いてくださり、その先輩から離れた業務を提案してくれたり、会社にずっといたくないなら時短制度を使って来てみれば?と提案してくれました。

先輩のおかげあって、軽い業務につき、時短を使用しながら働いていたのですが、それでも辛い。

私は決心して、その会社をやめて、別の企業に転職を行いました。

転職した結果、今はとても元気です。

今、うつ病で悩んでいる方に伝えたい事

まず、会社に行きたくない、起きれない、不安や心配が頭をよぎるようであるなら周りの人に相談してみてください。

周りの人に相談がしづらいのであれば、心理カウンセラーの元に行ったり、なにかしら話を聞いてもらえる場所へいって心と向き合う機会を設けてみてください。

放置しているとどんどん元気がなくなっていき病んでいきます。

あなたはきっと元気に生きていくために生まれたのですから、元気であるために早く治療を行っていきましょう。

味方は必ずいます。

あなたにおすすめの記事