Sponsored Link

うつ病を発症してから職場復帰するというのは、とても大変な事でタイミングと職場復帰する為に必ずやっておきたい準備というのがあります。

Sponsored Link

うつ病からの職場復帰は大変

うつ病を発症した方で休職する方は多いと思います。

うつ病を発症して休職せずにそのまま働き続ける方も多くいるのですが、できるなら休職してしっかりゆっくり過ごせる時間を作る方が今後の自分の為になると思います。

会社が原因でうつ病を発症した方は休職ではなく退職を選ぶ方もいますが簡単に決めれる事ではないですので休職をしゆっくり考えてから決めてもいいと思います。

そこで、休職し職場復帰を決める方が多いですがうつ病を発症してから職場復帰をするというのは思っている以上に大変な事が多いです。

職場復帰をするという事はうつ病を発症する前の環境に戻るという事ですから体力的にも精神的にも大変な部分があります。

なので、職場復帰する時のタイミングというのは大事になってきます。

職場復帰するタイミング

職場復帰するタイミングというのは自分で決める事はおすすめしません。

うつ病の方の多くは真面目な方が多いですので”自分が休職している事で会社に迷惑をかけてしまっているから早く職場復帰しなければ”と考えてしまう方がいます。

職場復帰を急いでしまうんですね。

生活費の事もありますから職場復帰を焦ってしまう気持ちはわかるのですが焦って職場復帰しても悪化させてしまう事になってしまいます。

なので、職場復帰するタイミングというのは主治医や自分の周りにいる人とじっくり話し合い自分の体調を客観的に見てくれる方と一緒に判断した方がいいです。

自分の体の事は自分が1番わかっていると思うのですが、自分では大丈夫だと思っていても客観的に見ている方からすれば以前のように元気になった訳ではないと感じる場合があります。

職場復帰を焦って決めてしまい結局退職しなければいけない程に悪化してしまう方もいます。

なので、職場復帰は自分で決めるのではなく主治医や家族や恋人・友人など自分の事をよく知っている方と決める事が大切です。

職場復帰に必要な準備

職場復帰する際に必ず必要な準備というのがあります。

職場復帰するタイミングはこの準備ができてから決めても遅くはないと思います。

生活リズムを戻す

まずは、生活リズムを働いていた頃に戻す事です。

うつ病を発症すると眠れなくなったりする事で睡眠薬を飲んだり精神安定剤を服薬する事になります。

やはり、薬の影響でいつもより眠ってしまったりなど生活リズムが崩れてしまいます。

なので、まずは働いていた頃と同じ時間に起きて朝ご飯を食べるという事をしてみてください。

これが第一ステップになります。

外出してみる

働いていた頃と同じ生活リズムに戻す事ができたら外出をしてみてください。

どこに行くでもいいですので散歩から始めて1人でショッピングセンターなど人が集まる所に出かけてみてください。

最初は、すごく疲れてしまうと思いますが少しづつ人混みに慣れていかなければいけません。

仕事着に着替え出勤の練習

生活リズムも戻り外出する事も問題なくできるようになったら仕事着に着替えて電車通勤の方は電車に乗ってみてください。

会社まで行かなくてもいいので会社の近くまで行き出勤の練習をしてください。

最初は、出勤ラッシュの時間に乗らなくてもいいので電車に乗り会社近くまで行き帰ってくるという事をしてみてください。

できれば、ここで会社近くのショッピングセンターなどまで行き少し歩いてから帰ってください。

まとめ

この3つの準備ができた時が職場復帰のタイミングです。

自分が心の中でもう大丈夫だと思うだけではなく大丈夫だという準備をする事で自信にも繋がりますし職場復帰のタイミングを間違える事もなくなります。

職場復帰をするという事は、うつ病を発症する前の生活に戻るという事になります。

うつ病を発症してから発症する前と同じ生活を送るという事は非常に困難な事なのです。

なので、準備が必要になります。

この準備がしっかりできれば問題なく職場復帰できるでしょうし、ここまでの準備で根拠のない自信だけではなく職場復帰できると心から自信を持てるようになると思います。

職場復帰を焦ってしまう気持ちはわかりますが焦らず1つづつ準備をしていってください。

そうする事で必ず職場復帰できますし今後の自分の為になります。

あなたにおすすめの記事