Sponsored Link

うつ病から職場復帰する際に迷惑だと思われない為にしておかなければいけない事があります。

Sponsored Link

うつ病からの職場復帰を迷惑と思う人もいる

うつ病を発症した人が職場復帰する事をよく思わないというか迷惑だと感じる方も少なくないのが事実です。

やはり、うつ病という目に見えない病気に対しての理解があまりなかったり休職している事によく思わない人もいます。

そして、うつ病から職場復帰する際に仕事量が他の人よりも少なかったりフォローしなければいけなかったりという事があり、うつ病の方の職場復帰を迷惑だと感じる方も少なくないです。

うつ病の方も職場復帰するという事で緊張したり不安に思う事も多いと思いますが職場の人に迷惑と思われないように職場復帰する事も大切な事です。

迷惑だと思われてしまうと居心地が悪くなってしまい余計に色んな事を悩んでしまいます。

職場復帰する事で人間関係の悩みが増える事は目に見えているのに迷惑がられる事で更に増えてしまいます。

なので、職場復帰の時のタイミングはしっかり見極めなければいけません。

うつ病から職場復帰する際に迷惑だと思われないようにする為のする事と言いますか心構えがあります。

職場復帰を迷惑がられない為の心構え

職場復帰のタイミングを見極め準備をしてから職場復帰をする事を前提に書き進めていきます。

自分のできる範囲を伝えておく

自分の今の状態や自分ができる範囲をしっかり直属の上司に伝えておきましょう。

うつ病からの職場復帰という事はよくある事ではありませんので上司や同僚などもどのように接していけばいいのか、どのような事を任せれるのかなど手探り状態です。

なので、自分ができる範囲を明確にしっかりと伝え伝えた範囲の事はしっかりやれるようにしておきましょう。

自分の状態を自分がしっかり把握する

会社に自分の状態を把握してもらう事も大切なのですが自分が自分の事を把握する事も必要です。

うつ病を発症した事で注意不足になってしまったり集中力が続かなかったりする事でミスが増えてしまう事があります。

なので、しっかりミスがないか自分でチェックする事を習慣にするなど自分でミスを減らす努力をしてください。

自分では完璧のつもりでもミスをしている時は誰にだってありますが、それが人よりも少し増えてしまったりする事がありますので必ず最終チェックをするなどという自分の中での決め事をしておくといいかもしれません。

出来る限り他の社員と変わらない扱い

そして、できる限り同僚と同じ扱いをしてもらいましょう。

もちろん、会社や同僚からの配慮はあると思いますが、自分はうつ病だから少し特別扱いしてほしいなどという気持ちはなくしましょう。

明らかに会社からの扱いが他の社員と違いすぎると迷惑というかよく思わない方も出てきてしまいます。

なので、できる限り他の社員と変わらない扱いをしてもらい、それをうつ病の方も当然だと思いましょう。

うつ病を理由にしない

そして、うつ病という事を理由にしないようにしましょう。

自分はうつ病だからミスが人よりも多くても許されるだろうなどという考えはだめです。

うつ病という事を理由に甘えてしまうとよく思わない方は必ずいます。

まとめ

うつ病からの職場復帰はすごく大変な事です。

上司や同僚に迷惑がられないように心構えをしておく事であなたの事を迷惑がるのではなく頑張っているなと認めてくれる方が必ず出てきます。

うつ病だからミスをしても仕方がないと思ってくれる方もいるでしょうし遅刻してきてもいいよなど理解のある会社もあるでしょう。

ですが、それはうつ病の方本人がうつ病を理由になにかを求めたりしていないから相手もできる事はしてあげようという気持ちになるのです。

最初から、自分はうつ病からの職場復帰だから少しのミスや甘えは許されるという考えでいる事が迷惑がられる原因になるのです。

うつ病からの職場復帰だけど、しっかりミスをしないように気を付けたりしている姿を見たりする事で温かく見守ってくれるのです。

うつ病からの職場復帰だから迷惑という訳ではなく、うつ病を理由に甘えたり特別扱いを受ける事が迷惑と感じる方が多いのです。

なので、タイミングと準備が必ず必要なのです。

あなたにおすすめの記事