Sponsored Link

うつ病の人が職場復帰をした時の接し方などについて書いていこうと思います。

うつ病を含む気分性障害の患者数は111万人を超えており、その中の85%以上が35歳以上の方が発症しています。

年齢的に家庭でも会社でも責任のある立場になりますから様々なストレスがある年齢でもあると思います。

ですが、この年齢にうつ病などの精神病の方が多いという事は、うつ病を発症した人が職場復帰するという事が他人事ではなく自分の会社でもあり得る話なのです。

うつ病患者の方などが身近にいらっしゃらない方からすれば、やはり他人事のように自分には関係ない事だと思いがちですが、もしかしたら自分が発症してしまう場合もありますし同僚が発症してしまう事だってあるのです。

うつ病を発症し働く事ができないからと即退職ではなく休職し職場復帰を目指す方も少なくありません。

なので、まずはうつ病を発症してから職場復帰をするという事はすごく大変な事だという事を伝えさせてください。

Sponsored Link

うつ病を発症してからの職場復帰はすごく大変な事

うつ病になった事がない方や接した事がない方からすれば職場復帰というより職場に来て仕事をするという事は当たり前の事ですよね。

ですが、うつ病になると当たり前の事ができなくなってしまうのです。

職場に行くのが怖く感じてしまったり電車に乗る事ができなかったり。

今まで当たり前にできていた事ができなくなってしまうのです。

なので、うつ病を発症してから職場復帰するというのは自分の事だけでも大変なのです。

ですが、それ以上にうつ病を発症し休職後職場復帰する際に同僚や上司・後輩はどう思っているんだろうと不安で不安で仕方がないのです。

精神病というのは、あまりよく思われませんし偏見を持っている方も少なくないのが現実です。

なので、うつ病を発症した方が職場復帰する事を迷惑がる方がいます。

うつ病の人の職場復帰を迷惑がらない

うつ病の人が職場復帰するという事を聞いて、いい気分がしないという方も多くいます。

自分はうつ病の方が休職している際も働いていたにも関わらず、ゆっくり休職し職場復帰する事をよく思えない人もいますよね。

しかも、うつ病を発症してからの職場復帰はやはり休職前と同じ仕事量をできる訳ではないのでそこに関して迷惑だと感じる方もいます。

迷惑と感じる方がいても仕方がない事だとは思います。

うつ病というのは本当に理解されない病気ですし理解できない病気だと思います。

理解できない病気ですので理解しようとしなくてもいいですし無理に優しく接する事もしなくていいので露骨に迷惑がる事だけは辞めてください。

うつ病の人が職場復帰した時の接し方

うつ病の人が職場復帰した時の接し方として迷惑だと感じている方は少し距離を取りながら接するようにしてください。

迷惑とは思ってないがどのように接していけばいいか悩んでいる方もいますよね。

基本的に、うつ病の原因や休職中の過ごし方などについて聞く事はNGです。

できる限り普通に接してあげる事でうつ病の方もどう思われているのかという不安も少しづつなくなっていきます。

できる限り普通に接してあげ病気が原因でミスが多かったりする場合は怒るのではなく解決策を教えてあげてください。

正直、最初のうちは会社に出勤するという事だけでもいっぱいいっぱいですのでミスが多発すると思います。

そこで、怒られてしまうと逆効果になってしまうので冷静にミスを指摘しこうやっていこうなどと解決策を提案してあげる事で安心感を得る事ができます。

うつ病の方が職場復帰された時の基本的な接し方としては、うつ病という事を気にしすぎない事と病気だからミスが多いなどという風に思わず解決策を提案してあげる事です。

まとめ

うつ病の方が職場復帰するというのは本当に大変な事です。

周りにどう思われているのかも気になりますし病気について聞かれたりしたらどうしようなど様々な不安に襲われます。

なので、なるべく自然体に接してあげてください。

あなたにおすすめの記事