Sponsored Link

うつ病に妻が原因でなったので離婚したいと伝え応じてくれた時の対応をご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

うつ病に妻が原因でなった!

うつ病になる原因は人それぞれありますが、結婚している方で妻が原因でうつ病になったという方がいると思います。

妻というのは家族で毎日顔を合わせるので精神的に苦痛を感じだしたら相当しんどい日々だったと思います。

うつ病になった事を妻に言っていない方や妻のせいでうつ病になったという方は下記を先に読んでみてください。

妻が原因でうつ病になったという方で妻と一緒に治療をしたいと思っている方は、まず妻に伝えて今後の事を話し合いましょう。

妻と一緒に治療したいと思っている方は夫婦関係を見直しながらやっていくと思うのですが妻が原因でうつ病になったという方で離婚したいと思っている方はこのまま読み進めてください。

うつ病に妻が原因でなったので離婚したい時の対応!

妻が原因でうつ病になったという方で離婚したいという気持ちになる方もいると思います。

妻が原因でうつ病になったという事ですから妻に罵倒されたり浮気されたりと精神的に辛い事があったので、うつ病になった訳ですから離婚したいという気持ちになってもおかしくないと思います。

うつ病になってから離婚するまでの流れをまとめておきますので参考にしてください。

うつ病の診断書を貰っておく

まずは、病院に行った際にうつ病だという診断書を貰っておきましょう。

診断書は数千円で貰う事ができますし主治医に言えば貰う事ができますので診断書は貰っておきましょう。

妻が原因でうつ病になったと話す

病院で診断書をもらってから、うつ病になったという事を妻に伝えてください。

妻にうつ病になったという事を伝えなければ何も進みませんからまずはうつ病になったという事を伝えてください。

うつ病になったという事を伝える事ができない言えないという方は伝え方についてまとめてありますので参考にしてください。

まずは、妻にうつ病になったという事を伝え妻が原因である事も話してください。

妻に話している際に診断書も一緒に見せてください。

診断書を見せるのは妻にうつ病だという事を認識してもらう為にも必要です。

妻にうつ病になった事を伝え診断書を見せて、うつ病だという事をわかってもらえた時に、妻が反省し今後の事について話してきて離婚を留まる事ができ一緒に治療する事を選んだ場合は話し合いながら治療に取り組んでいきましょう。

離婚したい事を伝える

妻にうつ病だという事を伝えて妻と話しても離婚の意志が変わらないという方は離婚したいという事を伝えてください。

妻が原因でうつ病になったので、うつ病を治す為に離婚したい事や一緒に生活する事ができないという事など自分の本心を冷静にしっかり伝えてください。

慰謝料を決める

離婚に承諾された場合は慰謝料を決めましょう。

もちろん、あなたが払うのではなく慰謝料を払ってもらいましょう。

うつ病になる程苦しい思いをしてきた訳ですから離婚の際に慰謝料を貰って当然の権利があります。

なので、離婚する事が決まったら慰謝料を決めて請求する事ができます。

うつ病になった事を伝え、あなたが原因だと言う事を伝えて離婚に応じてくれた場合は慰謝料も払ってくれるでしょう。

まとめ

うつ病になり離婚をするという選択をした場合の順番を紹介しました。

診断書を貰うのは妻にうつ病という事をしっかり伝える為と慰謝料を請求する時にも診断書があった方がいいので診断書は貰っておいてください。

離婚には応じてくれたけど慰謝料は払いたくないと言われる事もあると思いますが慰謝料をどうしても払ってほしい場合は診断書は必ず必要になってきますので診断書は貰っておきましょう。

うつ病になり離婚の話し合いをするのは本当に大変な事ですが両親など支えてくれる人を交えながら話を進めていきましょう。

無事に離婚する事ができれば、ゆっくり過ごしゆっくり治療していきましょう。

あなたにおすすめの記事