Sponsored Link

うつ病に妻が原因でなったので離婚したいという時に妻が離婚に応じてくれないとなると本当に困りますよね。

その時どうすればいいのかなどまとめていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病に妻が原因でなった

うつ病に妻が原因でなったという方がいると思います。

うつ病になるほどの罵声を日々浴びせられていたり不倫をされたり家事や育児など全て任されたりと、うつ病になるほど苦しい日々を送ってきていたんだと思います。

そんな事も気にせず笑顔の妻が許せないという方もいるんじゃないでしょうか。

うつ病に妻が原因でなった時には、しっかりうつ病になった事を伝え妻が原因でうつ病になったという事まで伝えてくださいね。

妻が原因でうつ病になったという事を伝えれていない時は伝え方をまとめていますので、そちらを参考にしてください。

うつ病になったという事を伝えられ離婚の話まででき離婚に応じてくれたら心が楽になりますよね。

離婚に応じてくれれば、まだいいのですが離婚に応じないという女性もいます。

うつ病に妻が原因でなったのに離婚に応じてくれない!

妻が原因でうつ病になったので離婚したいと妻に伝えたが離婚に応じてくれないという時はあると思います。

罵声を浴びせていた妻もあなたの優しさに甘えていただけだと言ったり不倫していてもすぐに別れると言ったり離婚を言い渡された側はどうにかして離婚を引き留めようとします。

うつ病の原因を治すと言われたりしていると思いますし、稼ぎが人よりある方は財産目当てだという女性もいるんじゃないでしょうか。

ですが、うつ病になるほど苦しい日々を送っていた訳ですから既に夫婦関係の修復は難しいと考えてしまいますよね。

妻が原因でうつ病になったのに離婚にも応じてくれないとなると、まだ俺を苦しめるのかと本当に心が疲れてしまいますよね。

離婚は本当に体力のいる事ですから、妻があっさり離婚に応じてくれないという時はまずは別居しましょう。

別居する

すぐに離婚に応じてくれない時はすぐに別居しましょう。

別居する事で少しは心の負担が減ると思いますし、ゆっくり過ごす事ができます。

そして、うつ病の原因になっている妻と離れて生活できるので改善に向かう事もあります。

妻も離れる事で自分の行いを見つめ直すきっかけになるでしょう。

まずは、別居し別居しながら離婚の話を進めていきましょう。

別居しても離婚に応じてくれない場合は慰謝料はいらないという事を伝えましょう。

慰謝料はいらないと伝える

妻が原因でうつ病になっているので慰謝料は当然もらう事ができます。

ですが、慰謝料を払わなくてもいいから離婚してくれと言えば離婚してくれる女性もいます。

やはり、離婚にはお金の問題も関係してきますので離婚に応じてくれない場合は慰謝料はいらないと伝えてみてください。

本当は、慰謝料がほしいところですが慰謝料を貰う為に離婚を長引かせるよりも早く別れた方が、うつ病のあなたにはいい環境です。

離婚調停にする

離婚調停は最後に残しておきましょう。

離婚調停は時間も体力も使いますので離婚調停は最後の手段として残しておいてください。

まとめ

妻が原因でうつ病になったのに離婚に応じてくれない場合は、診断書を必ず持っておいてください。

そして、日記などもあると有利です。

離婚は本当に体力を使う事なので1人ではなく両親なども交えながら話し合いをしてくださいね。

両親を交えながら話し合いをする事で相手方の両親が妻を離婚に応じるように説得してくれたりする事もありますので冷静に客観的に判断できる方を間に入れると話がスムーズです。

あなたにおすすめの記事