Sponsored Link

うつ病の妻と離婚したい時負担が少ないようにする離婚の仕方を紹介しようと思います。

Sponsored Link

うつ病の妻

最近、うつ病患者がかなり増えてきています。

うつ病を抱えている女性と結婚した方もいれば結婚後にうつ病になったという妻がいる方もいると思います。

うつ病を抱えている妻を支えながら日々生活するというのは本当に大変だと思います。

夫婦のどちらかがうつ病になると生活が大きく変化してしまいます。

なので、妻がうつ病という事で全ての家事を旦那さんがやっていたりする事が多いので仕事に家事にとなると体力的にも疲れてしまう時もあると思います。

うつ病の妻を支えてきたけど離婚したいという気持ちになる時があると思います。

うつ病の妻と離婚したい!

うつ病の妻と離婚したいと思ってしまう気持ちはすごくわかります。

うつ病になると家事もできなくなりますし正直なにもできないですし気分の変動も激しいので旦那さんに迷惑をかけっぱなしになってしまいます。

妻がうつ病になったと聞いた時は支え続けようと思っていても旦那さんも人間ですから疲れてしまい離婚の文字が頭に浮かんでくる時もあると思います。

離婚したいと思っていても、うつ病の妻に離婚したいという事を言えない方もいると思います。

やはり、うつ病になるとマイナス思考になりますし旦那さんに頼りっぱなしになりますし仕事もできなくなるので妻の今後の生活の事を考えると離婚という事を言えなくなってしまうと思います。

なんで、うつ病の妻と離婚したいと思った時にうつ病の妻に負担をかけないように離婚を進める方法を紹介しておこうと思います。

離婚を勧めている訳ではなくうつ病の方に負担をかけないでほしいという気持ちから書かせて頂きます。

うつ病の妻に負担がないように離婚するには?

うつ病の妻に対し離婚を言い渡すのは本当に心苦しい事だと思います。

うつ病の方と離婚したいと思ってしまうのはわかるので離婚をする際にうつ病の方に負担をかけないように離婚話をしてあげてください。

うつ病の方に離婚を言い渡す時は、まずうつ病の妻の今後の生活も考えてください。

うつ病の妻の今後の生活

うつ病の妻の今後の生活を考えてあげてください。

うつ病になってしまうと生活の為と言われても仕事をする事ができません。

なので、住む場所や生活費などを自分で用意する事ができません

妻の実家に住まわせる事はできるのかという事を考え妻の実家に住まわせる事ができるなら妻の両親に離婚を考えているという事を話離婚後に妻を住まわせる事が可能かという事や離婚後の事などを妻の両親と話し合ってみてください。

もし、妻の実家に住まわせることができなければ家を用意してあげ生活保護を受けさせる事も考えてみてください。

妻の離婚後の生活を考え準備ができたら離婚話を妻にしてください。

妻に離婚話しをする

妻に離婚話しをしましょう。

離婚話しをする時に、うつ病が原因で離婚やうつ病を支える事が疲れたなどという事は言わないでください。

離婚したいという理由は妻ではなく自分にあるという風に話してあげてください。

妻が原因だというように話すとうつ病になった事でマイナス思考になっているので相当落ち込んでしまい、うつ病が悪化してしまいます。

なので、妻が原因ではなく自分が原因であるという風にしてあげてください。

強行突破ではなくゆっくりゆっくり話してあげ離婚後の生活も大丈夫という事も伝えてあげてください。

離婚しても大丈夫だという安心感を与えてあげてください。

まとめ

うつ病の妻と離婚する時は、離婚後の生活も考えてあげ妻を支えてくれる人を傍においてあげてください。

自分がいなくても大丈夫だというように安心感を与えてあげてください。

妻が原因・うつ病が原因で離婚というように思わせないであげてください。

負担を最小限に抑える事でゆっくり離婚に向かっていきましょう。

離婚後も気にかけてあげてください。

あなたにおすすめの記事