Sponsored Link

うつ病になり妻に迷惑ばかりかけているという事で申し訳ない気持ちでいっぱいになった時に読んで下さいね。

Sponsored Link

うつ病で妻に迷惑をかけている

家族の1人がうつ病になると生活が大きく変わってきます。

妻である奥さんがうつ病になると家事もできなくなってしまいます。

旦那さんがうつ病になると仕事に行けなくなってしまい収入源がなくなってしまい奥さんが働きに出ても生活が苦しい状況になる事もあります。

元々、共働きの家庭でも1人が倒れると生活が苦しいという家庭も多いですよね。

旦那さんであるあなたがうつ病になり仕事を辞めなければいけなくなり奥さんが働きに出て家事もしてくれ育児もしてくれ自分の心配もしてくれたら物凄く申し訳ない気持ちになりますよね。

この人を幸せにしようと決めて結婚したのに迷惑や苦労ばかりかけている自分なんて消えてしまえばいいのにと思ってしまうと思います。

うつ病の方が1人家族にいるだけで本当に家族の生活は今までとは大きく変わってしまう事になるのです。

それを、間近でうつ病の方も見る事になるので申し訳ない気持ちで押しつぶされそうになってしまいますよね。

うつ病で妻に申し訳ない気持ちでいっぱいの時

妻や家族にうつ病になった事を申し訳ないという気持ちでいっぱいの時どんな事が頭に浮かびますか?

・自分は消えた方がいいんだ
・妻に苦労ばかりかけている
・自分は最低だ
・なんでうつ病になってしまったんだ
・離婚した方がいい妻の為になる

などなど、本当にマイナスな事ばかり浮かんできますよね。

もちろん、妻への感謝は常に心にあるのですが申し訳ない気持ちでいっぱいになるとダメな事ばかり考えてしまいます。

うつ病になっても優しく支えてくれる妻がいる方はうつ病の治療に専念してください。

支えてくれる妻がいる方

優しく見守ってくれる妻がいる方は心優しく愛情たっぷりの妻に今は甘えて治療に専念し回復したらたくさん恩返ししましょう。

それを、奥さんも望んでいる事です。

男女関係であなたの為を思って別れた方がいいなどと言い別れ話をする方がいますが、これは本当は自分の事しか考えていません。

今、うつ病になり支えてくれる妻がいる方で妻の為に離婚した方がいいと思っている方がいましたら1度自分に「本当は支えてもらっているのに妻になにもできない自分が嫌なんじゃないか」と聞いてみてください。

優しく支えてくれている妻の方は本当にあなたの事を支えていきたいと思っているのです。

偽善でうつ病の人を支える事なんてできません。

本心からこの人を支えていきたいと思わない限りできないのです。

うつ病を本当の意味で理解し接していく事をできる人はいませんが支えよう理解しようと思ってくれているだけでも本当に感謝です。

もちろん、いつも優しい妻も疲れている時だってあると思いますが本心から支えようと思っていなければいずれ態度にでてきます。

支えようと日々努力している人に対し君の事を思ったら離婚した方がいいなんて言うのは失礼です。

こんな事を言われたら本当にショックだと思いますよ。

なので、申し訳ないという気持ちではなくいつも感謝しているという事を伝えてあげてください。

もちろん、疲れた時は休んでほしい事と嫌のなったら離れてもいいという事も言ってあげてください。

逆に、うつ病になった事を責めてくる妻がいる方は治療に専念できる環境を作ってください。

うつ病を責める妻がいる方

家族だから妻だからという事で旦那さんが病気になったから絶対になにがあっても支えますという方ばかりではありません。

うつ病になったと聞かされすぐに離婚を言い渡す人だっていますし、うつ病を理解しようともせずに仕事を辞めさせなかったり今までとなにも変わらない態度だったりする方もいます。

うつ病を責められてても妻と一緒にいたいと思う方は一緒にいてもいいと思います。

ですが、うつ病である事を責められながら治療する事は難しいです。

なので、妻にうつ病を理解してもらうまで待つか別居か離婚をして環境を整えるしかありません。

妻にうつ病の責められた事でうつ病が悪化した場合は離れる事も考えてみてくださいね。

妻が原因でうつ病になったという方は離れる方がいいかと思います。

まとめ

きっと、妻に申し訳ないという気持ちがある方の奥さんはすごく優しく支えてくれている方なんだと思います。

なので、申し訳ない気持ちでいっぱいになるという事を話してください。

自分の気持ちを相手に伝えて受け入れてもらうという事をするだけでも心は軽くなりますし気持ちを理解してもらう喜びもあります。

そして、そのように感謝や申し訳ないという気持ちを伝えられて嫌な気持ちになる人はいません。

なので、申し訳ないから離婚しよう別居しようなどと自分1人で決めるのではなく申し訳ない気持ちでいっぱいになるという事を伝える事をしてみてください。

あなたにおすすめの記事