Sponsored Link

うつ病の妻を置いて仕事に行くというのは本当に辛いです。

うつ病の妻を置いて仕事に行く時の対応をご紹介しておこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の妻を置いて仕事に行く

妻がうつ病になって寝込んでしまっても生活の為家族の為に仕事に行き働かなければいけません。

仕事をしなければ生活するお金がなくなるので食事もできなくなりますから家族の誰かが働き養っていかなければいけません。

ですが、妻がうつ病になってから1人で家に置いて行くというのは相当辛い事です。

正直、いつ死んでしまうかもわからないという状況の方だっています。

妻がうつ病になって寝込んでいるので仕事に行けませんが通用しない事なんてわかっているので仕事には行かなければいけません。

うつ病の妻を置いて仕事に行く時の対応をしっかりして妻も自分も少しでも安心して仕事が終わるまで過ごせるように対応していきましょう。

うつ病の妻を置いて仕事に行く時に気をつける事!

うつ病の妻を1人家に置いて仕事に行くというのは本当に心配だと思います。

いつ死んでしまうかわからない・薬を大量に飲んでしまうかもしれないなど心配は様々だとは思います。

うつ病の妻を置いて仕事に行く際に気をつける事を紹介していきます。

まずは、仕事の時間だけ誰かに来てもらう事ができるなら来てもらいましょう。

誰かに来てもらう

仕事の時間だけでも誰かに来てもらう事ができるなら誰かに来てもらいましょう。

妻の母親など妻と関係性が良好な方で自分が仕事に行っている時間に来てくれる方がいれば来てもらいましょう。

ずっと、いなくても1日1回様子を見に来てもらうだけでもいいです。

誰でもいいという訳ではなく妻と関係が良好な方にしてくださいね。

誰かに来てもらうという事が無理な場合は仕事の合間に電話をしましょう。

仕事の合間に電話

仕事の時は仕事の合間にちょこちょこ連絡を入れてあげてください。

薬のせいで寝ていたり連絡を返せるほど元気じゃなかったりする時もありますが連絡が来るというだけで安心感があります。

電話で話せた時は、声などから調子が悪いのか調子が良いのかなど判断ができるようになっていればより安心ですね。

電話ができない職業の方もいると思いますのでLINEやメールなどでも大丈夫です。

まとめ

うつ病の妻を置いて仕事に行くというのは本当に心配ですよね。

自分がいない間になにかあったらと思うと仕事に集中できないと思います。

なので、最低でも頻繁に連絡を入れてあげてください。

うつ病じゃない専業主婦の方でも昼間旦那さんが仕事に行っている間に孤独感を感じるという方がいます。

うつ病になると更に孤独感が増してしまいますし色んなマイナスな事ばかり考えてしまいます。

なので、連絡をする事で1人じゃないという安心感を与えてあげてください。

うつ病の妻を支えている間に転勤の辞令が出て転勤の辞令を断ると共に辞表を出したという話があります。

その方は、辞表は受理されずに奥さんの傍にいながら働ける環境のまま仕事を続ける事ができたそうです。

言ってみなければわからないという事はたくさんあります。

毎日じゃなくても、たまに家に見に来て欲しいと言えば見に来てくれる方だっています。

仕事に行き妻を1人にする事は心配ですが仕事には行かなければいけませんので2人で必死に頑張る事も必要ですが周りの手助けを借りるのも大切な事です。

あなたにおすすめの記事