Sponsored Link

うつ病の妻が攻撃的になっている時の接し方や気持ちなどをご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の妻が攻撃的

うつ病の妻と生活していると最近、攻撃的だなと思う時があると思います。

うつ病になった頃はベッドから出る事もなく食事も食べるか食べないか話す事すらもできなんじゃないかと思うほどの状態だったのに攻撃的になるという事に驚く方もいると思います。

攻撃的になっている時は、不安が怒りに変化しているという感じでしょうか。

不安で不安でいっぱいになり、その不安が怒りに変わり攻撃的になってしまう時があります。

攻撃的になっている時は、だいたい旦那さんなどが敵に見えてしまっています。

旦那さんのなにが悪いとかどうしてほしいという具体的な怒りというのはなく、只々イライラして敵視しているので攻撃的になってしまうのです。

そして、攻撃的な期間が過ぎれば攻撃的になった事を後悔し嫌われてしまったんじゃないかと落ち込んでしまうのです。

うつ病の妻が攻撃的になっている時どのように接していけばいいのでしょうか。

うつ病の妻が攻撃的な時の接し方!

うつ病の妻が攻撃的になっている時は、「そっと見守る」「なにも言わない」これが適切です。

攻撃的になっている間は旦那さんが敵に見えてしまっていますし冷静に判断できなくなっている時なので理不尽な事を言われる時も多いと思います。

理不尽な事を言われても聞き流してあげる事がいいのです。

広い心で君の全てを受け入れるよというスタンスでいてくれる事がとても安心します。

落ち込み攻撃的になりと扱いにくく接する事が嫌になると思いますが、何も言わずにそっとしておく事がいいのです。

理不尽な事を言われて腹が立つと思いますし攻撃的な姿に苛立つ事もあると思います。

そんな時は、妻が攻撃しているのではなくうつ病という病気に攻撃されていると思ってください。

うつ病の妻も攻撃したくて攻撃しているのではなく攻撃する自分を止められないのです。

まとめ

うつ病の妻が攻撃的になったら妻ではなくうつ病が攻撃していると思ってください。

うつ病になり妻が攻撃的になった時は、そっと見守る事が大切です。

攻撃的な時だけではなく、うつ病の妻への接し方でそっと見守るというのは大切な接し方になります。

うつ病の妻が攻撃的になっていても旦那さんの事を嫌いになったという訳ではないので自分の接し方が間違っているや今までやってきた事が無駄だったのかなどの事を思う必要はありません。

あなたにおすすめの記事