Sponsored Link

うつ病で夫婦仲が悪化してしまい離婚を考える夫婦の方も多いと思います。

なので、仲良し夫婦に戻る5つの方法をご紹介しようと思います。

Sponsored Link

うつ病で夫婦仲が悪化!

夫婦として生活を送っていて夫婦のどちらかがうつ病を発症してしまうと生活が大きく変わってしまいます。

配偶者がうつ病になった事で支える方も疲れてしまう時もありますしストレスが溜まってしまう時もあります。

今までは、よく出かけていたのに一緒に出かける事もなくなりうつ病になった事でずっと寝ていたり攻撃的になったりなど、うつ病の症状に振り回されてしまう時だってありますよね。

このような言い方をしてはいけないと思うのですが、配偶者にうつ病を発症した方がいると夫婦仲は難しくなってしまったりします。

うつ病を発症していなくても夫婦仲が悪い夫婦はいますから、マイナス思考だったりイライラしやすかったりという症状が出てしまうと夫婦仲の悪化に繋がってしまいます。

夫婦喧嘩も増えてしまうと思います。

もちろん、うつ病を発症しても何も変わらず仲良し夫婦の方も多くいます。

ですが、やはり問題を抱えている夫婦は多いと思いますので仲良し夫婦に戻る方法をご紹介していこうと思います。

仲良し夫婦に戻る5つの方法!

仲良し夫婦に戻るという事は簡単な事ではないです。

特に、うつ病を発症している配偶者がいる時は気持ちの波もありますから時間がかかると思ってください。

会話をする

まずは、会話をしてみるところから始めてください。

やはり、相手の事を理解していくには会話を増やすところから始めていかなければいけませんしコミュニケーションを取らないければ仲良しも仲悪いとも言えません。

仲良し夫婦に戻る為にまずは会話をする努力を心がけてみてください。

この時の注意点としては、うつ病を発症していると話したくない時がありますし話せるほど元気じゃない時もありますから体調のいい時などにしてみてください。

干渉しすぎない

仲良し夫婦に戻る為に会話を増やす事は大事なのですが、干渉しすぎる事はやめてください。

干渉されると嫌な気持ちになる方もいますし、うつ病の事を気にされすぎても疲れてしまう時もあります。

うつ病の人への接し方の記事でも書きましたが、うつ病という事を意識しすぎないでください。

そして、お互いに1人の時間を楽しめるほどの距離感を保つ事で会話をする時に話す話題が多くなります。

なので、相手の事を干渉しすぎないようにし会話をする時に1人の時に面白い事があった事などを話題にしてみてください。

相手の気持ちを受け入れる

お互いに1人の時間を楽しめるようになり会話が増えてきたら相手の気持ちを受け入れる事にしてください。

うつ病を発症した配偶者の方を支えている方は、きっとうつ病を発症した配偶者の方の気持ちを理解しようとしてくれていると思います。

ですが、全てを理解する事はできませんし理解できない時だってあると思います。

あなたが言った一言でうつ病の方は傷ついたり不安になったりもします。

その一言から夫婦仲が悪化する事だってあります。

なので、今相手が自分に対してなにを思っているのかどうしてほしいのかなど気持ちを聞き受け入れてください。

理解しなくてもいいので1度受け入れてみてください。

あなたの事は好きだけど今は一緒にいたくないし話したくもないと言われても受け入れてみてください。

全く理解できない事を言っても受け入れてみて試しにやってみる事で何か変化がある可能性があります。

うつ病を発症した配偶者にどれだけひどい事を言われても本心だと捉えないでください。

攻撃的になっている時に言った一言で支えている方の心が折れてしまったりストレスになってしまったりすると思いますが本心ではない事を知ってください。

押し付けない

そして、気持ちを押し付ける事はしないでください。

うつ病を発症した方が一緒にいたくないと言っているのに支えたいから一緒にいたいなどの気持ちを押し付ける事でどんどん気持ちの温度差が広がります。

もちろん、自分の思っている事や感じている事などを相手に伝える事は大切ですし、うつ病を発症した方も意見を何も言われないと不安になります。

なので、思っている事などは伝えてほしいのですが押し付ける言い方をしないでください。

うつ病になってしまうと自分に自信が全くなくなってしまうので自分の意見をなかなか言えなかったり自分が間違っていると思い込んでしまう方もいます。

なので、1つの意見として聞こえるように伝えてみてください。

昔のゲームをやる

そして、この昔のゲームをやってみるという事が仲良し夫婦に戻る近道かもしれません。

会話を増やしたり相手の気持ちを受け入れたりなども大切なのですが本当にしょうもない事を一緒にやってみる事は大切です。

なので、昔のゲームでなくてもいいのです。

一緒にしょうもない事をやってみると楽しめる時があります。

一緒に出かけたりする事も大切なのですが、うつ病になると人混みが怖かったりもしますし外出するだけでも体力を使うのでイライラしやすくなります。

なので、室内でできる意味もない事と言えばゲームかなと思います。

ゲームをしながらお互い本気になったり昔こういうゲーム流行ったよねなどという会話になったりもします。

しょうもない会話をするというのは仲良しな関係でしかできない事です。

もちろん、会話もしないで気持ちを押し付けているのにいきなりゲームはできませんから会話をする機会を増やしてみる事から始めてください。

まとめ

うつ病を発症した事で夫婦仲が悪化してしまう事は本当に多いと思います。

うつ病の方になにを言ってもマイナスに捉えられてしまう事で嫌になってしまう気持ちもあると思います。

なにもしていないのにイライラをぶつけられたりもしますし何気ない一言で傷ついてしまう事だってあるので、お互いにイライラしやすくなっていると思います。

ですが、今これを読んでくれているという事は夫婦仲の悪化を止めて仲良し夫婦に戻りたいという気持ちがあるからだと思います。

その気持があれば必ず仲良し夫婦に戻る事はできます。

なので、諦めずに時間がかかっても仲良し夫婦に戻る努力をしていってくださいね。

あなたにおすすめの記事