Sponsored Link

うつ病の人が身近にいる方で、うつ病の人へ正しい接し方ができているでしょうか。

最近、身近な人がうつ病になったという方は正しい接し方でうつ病の方へ接してあげてください。

Sponsored Link

うつ病の人への接し方は大切

身近に、うつ病を患った方がいる方や最近身近な方がうつ病になってしまったという方は結構いると思います。

そんな時に、どのように対応したり接していけばいいかすごく悩むと思います。

1番うつ病の方が悩みを抱えているのですが、今これを読んでくれている方は本人と同じだけ接し方やこれからについて悩んでいらっしゃると思います。

うつ病の人への接し方というのはすごく大切です。

間違った接し方をしてしまうと病気が悪化する事もあります。

なので、なるべく間違った接し方をしないようにしてあげてください。

私達は、看護師や医者ではないので正しい接し方を知っている訳ではないので間違った接し方をしてしまう事もありますが正しい接し方を心がけていたり勉強していたりするだけで嬉しいのです。

なので、今このように正しい接し方を読んでくれている事は正しい接し方なのです。

うつ病の方への接し方は本当に難しですし面倒くさいと思う時だってあると思いますが身近な人の接し方ですごく変化するので接し方はとても大切です。

うつ病の人への正しい接し方

早速、うつ病の方への正しい接し方を紹介していこうと思います。

まずは、うつ病を意識しすぎないという事です。

うつ病を意識しすぎない

うつ病を意識しすぎないというのは、身近な大切な人がうつ病になったら治してあげたいという思いから、うつ病を理解して支えていこうと熱心になる方がいます。

うつ病を理解しよう支えようという気持ちはすごくありがたいのですが、それが見えすぎてしまうと早く元気にならなければいけない、迷惑をかけてしまっているという気持ちになり、うつ病の方は自分を追い込んでしまう事があります。

もちろん、うつ病に対して理解してほしいと思っているのですが過剰に反応はしない方がいいという事です。

そして、絶対に否定しない事が大切です。

うつ病の方を絶対に否定しないでください。

うつ病の人を否定しない

うつ病になるとなにもやる気にならないですし今までできていた事ができなくなったりします。

1日中ベッドから出れないという日だってあります。

そのような状態になった自分が1番辛く自分で自分を否定してしまいがちなのです。

自分はだめだ」「こんなんじゃ生きていても楽しくない」など、うつ病の方から自分で自分を責めるような言葉がでてくる時があると思います。

そんな風な考え方だからうつ病になると思われたりする事があるのですが、これはうつ病になった事で脳の機能の変化で否定的な考え方になっているだけなのです。

自分で自分を責めるからうつ病になるや否定していたら治らないや1日中ベッドにいたら治るものも治らないなど言いたくなる気持ちはわかります。

ですが、うつ病の方を否定する事は言わないでください。

そして、怒るという事でうつ病の方は否定されたと感じます。

うつ病の接し方で怒るは間違い!怒られた時の感情!

声のトーンに気をつける

うつ病になる方はデリケートな人が多く更にうつ病になったという事でし普段よりも神経質になっています。

元気な大きな声で話しかけて元気にさせてあげようという気持ちは嬉しいのですが、それは逆効果になってしまいます。

できるだけ声のトーンを落とし優しく語りかけるように話しかけてあげてください。

うつ病の人に頑張れと言わない

うつ病の方に頑張れという言葉は言わないであげてください。

うつ病の方は頑張りきってきたのです。

なので、頑張れと言われても頑張る気力がい状態になっています。

頑張れではなく頑張ってきたねと言ってあげる方が心が楽になります。

まだ頑張れるあと少しできるという気持ちでやってきた結果がうつ病なのです。

頑張れではなく頑張ってきたんだから今は充電期間だねなどと頑張ってきた事を認めてあげてください。

ゆっくり過ごしてもらう

うつ病の方は今まで頑張ってきたので今は充電期間という事でゆっくり休ませてあげてください。

体の疲れではなく心が疲れ切ってしまっているので好きなように過ごさせてあげてください。

1日中ベッドで過ごしていても誰とも関わらず話さずでいてもそっと見守ってあげてください。

焦らず見守る事でゆっくりと元気になってきます。

うつ病の人の話を聞く

うつ病の人は自分の事を否定する気持ちが強いので常に不安感があります。

なので、うつ病の人の話を聞き自分の話をしっかり聞いてくれる人がいるという安心感を与えてあげてください。

話を聞き否定する事なく相槌を打ってあげ無理に話を聞き出そうとしない事が大切です。

うつ病の方は否定的になっているのでマイナスな発言が多かったりしますが否定せずに、「うんうん」と聞いてあげてくださいね。

まとめ

うつ病の方への正しい接し方として6つ挙げさせていただきました。

まだまだ、書き足りない事がありますので家族や恋人・友達など関係性などに分けて接し方については書いておこうと思います。

やはり、家族や恋人・友達などうつ病の方との関係性で接し方も変わってきます。

これを、読んでくれている方はすごく優しく理解しようとしている方だと思いますが無理せずに自分が疲れてしまわない程度にうつ病の方と向き合ってくださいね。

うつ病の方との正しい接し方6つは下記の通りです。

・うつ病を意識しすぎない
・否定しない
・声のトーンを気をつける
・頑張れではなく頑張ったねと言ってあげる
・ゆっくり過ごさせ充電させる
・話を聞き相槌を打ってあげる

うつ病の方に寄り添うのは大変な事ですが、うつ病は薬よりも周りの方の協力や環境が大切です。

あなたにおすすめの記事