Sponsored Link

うつ病の症状で思い込みというのはあると思います。

そして、うつ病を発症した方が思い込みという症状が出始めたら危険だと思っています。

Sponsored Link

うつ病の症状で思い込みはある!

うつ病を発症した方は色んな症状が表れます。

うつ病を発症すると一人一人同じ症状が出る訳ではないので、どれがうつ病の症状という事は明確には言えません。

うつ病は心の病気なので心にしか症状がでないと思われがちですが心だけではなく体にも症状がでます。

心にもたくさん症状がでますが思い込みという症状があります。

うつ病は思い込みから始まるという方もいるほどなので思い込みという症状が出る方が多いです。

うつ病は思い込みから始まるという方の意見としては「最近調子悪いな→原因を探す→原因を探しうつ病にたどり着く→病院に行く→うつ病だと診断される→うつ病だとわかると安心する→うつ病の治療を始める」という流れでうつ病と診断されるのでうつ病は思い込みから始まると言う方もいます。

もちろん、上記のように思い込みからうつ病と診断される方もいると思いますが寝込んでしまう私生活に影響が出てから病院に行き、うつ病と診断される方もいますので思い込みだけが全てではありません。

よく、うつ病を否定する方で「うつ病なんて気持ちの問題で思い込みじゃない?」なんて言う方がいますが、その思い込みとは違います。

うつ病は思い込みから始まるというのと否定している方の言う思い込みとは少し違い思い込みは自分がうつ病だという事を考えすぎて少しの事でもうつ病が原因だと思い込んでしまう事があります。

自分はうつ病だからこれはできないなどとうつ病だからと思い込んでしまうという事です。

この、思い込みの症状が始まってしまうと危険だと考えています。

うつ病で思い込みの症状が出ると危険!

うつ病で思い込みの症状がでてきてしまうとできない事が増えてくる事になってしまいます。

もちろん、うつ病の方でも思い込みという症状が出ない方もいますし同じような思い込みになるとは限りませんが思い込みという症状が出てしまうと「うつ病だから自分はダメだ」「うつ病だからこれはできない」「うつ病だから人と話せない」などとうつ病だからと思い込んでしまうのです。

うつ病だからと思い込んでしまうと正直うつ病の治療が進みません。

できない事も増えてしまいますし自分に自分でブレーキをかけてしまっていますので治療が進みませんしマイナス思考にどんどんハマってしまいます。

なので、思い込みという症状が出てしまうと危険だと思っています。

うつ病でこのような思い込みが出始めたらどうすればいいのでしょうか。

うつ病で思い込みの症状がでた時

うつ病で上記のような思い込みの症状がでてきてしまうと本当に負の無限ループになってしまいますので何もせずループから抜けるまで待った方がいいです。

無限ループから抜け出そうとしてできなかった場合またマイナスに考えてしまいますので余計に疲れてしまい無限ループが広がってしまいます。

なので、上記のような無限ループが始まった場合はそっと無限ループが終わるのを待ちましょう。

そして、無限ループになっている事を家族や支えてくれている方に話てみてください。

無限ループになっている事を話す事で色んな意見がありますし支えてくれている人の目を気にする事なくループから抜けるまで待つ事ができます。

やはり、なにもできないと周りの目が気になってしまい余計にマイナスになり焦ってしまいますので今の自分の状態を周りの方に話して理解を得る事で心が楽になります。

そして、周りにいる方はしっかり対応してあげてくださいね。

まとめ

うつ病の症状は様々な症状がありますが、この思い込みの症状がでてしまうと危険だと思います。

無限ループに入ってしまいますし治療も進まなくなってしまいますのでそっと待つ事ができればいいと思います。

思い込みでできない事が増えてしまっても本当にできないのではなく今はできないという事なので気にせずにできるようになるまでゆっくり進もうという気持ちでいてください。

周りの方も思い込みだよというような言葉かけはしないようにしてくださいね。

あなたにおすすめの記事