Sponsored Link

うつ病の症状で震えという症状はあります。

震える原因や震えを抑える方法などをご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

うつ病の症状で震えはある!

うつ病の症状の1つで震えというのがあります。

うつ病の症状は人それぞれ違うのですが、その中に震えというのがあります。

うつ病は心の病気ですので心の中で色んな症状がでてきます。

そして、うつ病は心の病気ですが体にも色んな症状がでてきます。

この体の症状の中に震えというのも入るという事になります。

うつ病を発症し症状として震えというのがでるのはなぜなのでしょうか。

うつ病で震えの症状はなぜでるのか

うつ病の症状で震えというのがでる原因としては、やはり緊張状態になっているという事です。

うつ病の治療をしながら仕事に行っている方で人と話す時に手の震えを感じたりする時がありますし字を書く事もできないほど手が震えてしまう方もいます。

手の震えというのがよく言われるのですが手と足が震える方もいます。

手や足が震えるというのは極度の緊張状態になっているという事で手や足に極度の緊張から震えが起こってしまいます。

この震えを自分で抑える事はできません。

では、どのようにして震えを抑える事ができるのでしょうか。

震えを抑える方法!

うつ病の症状の1つでもある震えがでてきてしまうのは極度の緊張からきているという事は分かって頂けたと思います。

極度の緊張から震えているのに、また震えてしまうんじゃないかなどと考えてしまい余計に震えがでてきてしまう方もいます。

1度人前で震えてしまい1度震えた事でまた震えてsひまうんじゃないかと不安になってしまい余計に震えてしまうという悪循環になってしまいます。

この震えは自分で抑える事ができませんので病院で相談すると緊張を和らげる薬を処方されます。

薬を飲んで震えが治まる方もいるのですが、すぐに震えが収まらない方もいます。

病院で相談し薬を処方してもらい震えを抑えるのもいいのですが、まずは自分でできる方法として深呼吸をし手を握ったり開いたりを繰り返してみてください。

緊張していると全身に力が入ってしまいますので手にも力が入ってしまっています。

まずは、体の力を抜く事を意識する事が大切です。

大きく深呼吸して意識をそらすというのも効果的です。

まとめ

手が震えるというのは極度の緊張状態になっている事から全身に力が入ってしまい手や足が震えてしまいます。

そして、1度震えを感じてしまった事でまた震えてしまうんじゃないかと不安になってしまい更に震えてしまうという悪循環になります。

震えを抑える方法として、まずは大きく深呼吸をし意識をそらしながら手をクーパーグーパーしてみてください。

それでも、全く効果がない場合は病院で相談して緊張を和らげる薬を処方してもらい、しっかり薬を飲んで震えを抑えてください。

薬を飲んで抑える事ができたり深呼吸などで震えを抑える事ができれば震えてしまうかもという不安がなくなるので落ち着いて対応する事ができるようになると思います。

あなたにおすすめの記事