Sponsored Link

うつ病と診断された時仕事はどうするべきなのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病と診断された

うつ病と診断された方かこれから専門医に行くか悩んでいる方が今読んでくれていると思います。

うつ病の初期症状というのが出てきている事やネットなどでうつ病チェックなどをしたり周りの人にうつ病じゃないかと心配されたりして専門医に行く事になったと思います。

うつ病は自分でうつ病だと決めつけず専門医に行きしっかり診断してもらってください。

うつ病は話を聞くだけで診断するのではなく診断基準というものがありますので、しっかり診断してもらってください。

専門医にうつ病だと診断されたら、まずは自分がうつ病だという事をしっかり受け入れ家族などにも伝えてください。

自分がうつ病を発症したという事を受け入れる事ができない方が多いですが自分がうつ病だという事をしっかり受け入れてください。

うつ病だと診断された時にすごく悩むのが仕事じゃないでしょうか。

仕事はどうしようかなど悩むと思います。

うつ病と診断されたら仕事はどうする?

うつ病と診断されたら仕事をどうするのか悩むと思います。

うつ病の治療は休養する時間が必要なので今までと同じ生活を送りながら、うつ病の治療をするのは難しいです。

なので、まずうつ病だと診断された時は休職制度がある会社なのか確認してみてください。

休職制度があるか確認する

会社には休職制度などがあります。

休職制度には、病気休職・事故休職・起訴休職・調整休職・依願休職の4つがあります。

休職制度はそれぞれの会社で取扱いが違いますが、うつ病は病気休職が認められます。

なので、1度休職制度があるか確認してみてください。

もし、有給休暇も休職制度もない会社だった場合は下記を参考にしてみてください。

休職制度がある場合は専門医に診断書を書いてもらいましょう。

診断書をもらう

専門医に行き、うつ病と診断され休職制度があった時に専門医に休職は必要なのかどうか確認し休職が必要と専門医が判断した場合は診断書を書いてもらってください。

専門医に休職制度の事を話休職が必要と専門医が判断した場合専門医も診断書を書いてもらい会社に提出してください。

うつ病の診断書を提出し上司と休職制度の事や復職の見込みなども含め誠意をもって話し合ってみてください。

まとめ

うつ病と診断された時に、休職制度があれば利用してください。

うつ病には休む時間が必要な方もいますから専門医に仕事を休んだ方がいいのかなどを判断してもらい休む時間が必要と判断された場合は休職制度などを利用して十分に休んでください。

あなたにおすすめの記事