Sponsored Link

うつ病は甘えと間違いやすいですが脳の変化が原因でうつ病になっているのでうつ病と甘えは違います。

Sponsored Link

うつ病は甘えと間違いやすい

うつ病は甘えと間違いやすい病気です。

間違われやすい病気というのもありますが”うつ病=甘え”と考えている方も多いです。

うつ病は心の病気ですので目に見える症状は少ないですし治療を始め服薬している方だと目に見える症状は少ないと思います。

なので、余計にうつ病は甘えだと思われるのでしょう。。

うつ病を甘えだと思っている方は「誰でもしんどい時はあるしいっぱいいっぱいになる時だってある!病院に行ったか行ってないかの違いだ!」という事を言う方がいますが、うつ病は甘えではなく脳の変化です。

うつ病を甘えだと思う方がいてもいいと思いますが禁句ワードなどは言わないようにしてあげてほしいです。

うつ病は甘えじゃなく脳の変化!

うつ病は心の病気なのですが脳の変化によりうつ病を発症しています。

なので、うつ病は脳の変化ですので甘えではなく脳・心の病気です。

うつ病の方はセロトニン・ノルアドレナリンなどのホルモン分泌のバランスを崩している状態で短期的なストレスなどでバランスを崩しているのは問題ないのですが限度が越えてしまうと疲れてしまい、うつ病を発症してしまう事になります。

うつ病を発症していない方は考え事などをしている時血流が良くなるのですが、うつ病の方は血流が悪くなるという結果がでています。

なので、うつ病の方が集中力がなかったり何をするにも遅かったりしてしまうのはこれが原因という事です。

うつ病じゃない方とうつ病を発症している方とでは脳の違いがありますので甘えではなく脳と心のバランスを崩している病気という事です。

まとめ

うつ病を甘えという方も非常に多くいますが、うつ病は脳に変化が起きてしまっている病気ですので甘えてできないと言っている訳ではなく本当にできなかったり遅かったりするのです。

うつ病は甘えと間違われやすいですし甘えと思っている方が多いですが、うつ病は心と脳の病気で休息が1番治療法ですので甘えと思っていても禁句ワードは避け休息させてあげてください。

あなたにおすすめの記事