Sponsored Link

うつ病は甘えや逃げだと言われますが甘えや逃げではないという理由があります。

Sponsored Link

うつ病は甘えや逃げだと言われる理由!

うつ病は甘えだとか逃げだとか言われる事がすごく多いです。

うつ病は心の病気で身体の病気ではないですので目に見える症状がありません。

ないというよりも、うつ病を発症した本人にしかわからない症状ばかりですので他人にわかってもらえる症状がありません。

身体にも表れる症状もありますが痛みなどの症状ですので骨折など目に見てわかりやすい症状ではないですので見てすぐにうつ病だとわかる事はありません。

見た限りは家事や働けるように見えますので働かに姿や家でゴロゴロしている姿を見ると甘えだと思う方が多いです。

ストレスなどを感じ心がいっぱいになってしまい、うつ病になるので人それぞれストレスを感じる所や限界を感じる所は違いますので”それぐらい”で働けないなんて逃げだなんて事を言う方もいます。

病院に行ってうつ病と診断されたとしても、うつ病は専門医と話をして診断されると思っている方が多いですので、うつ病は精神的に疲れていたらうつ病だと診断されると思っている方がいます。

誰だって落ち込む事もありますし悩みを抱えていますので専門医に行きうつ病だと診断されて薬を飲んでいるのは逃げだと言う方も多いです。

精神疾患というのは目に見える症状ではないですしストレスの限界は人それぞれですので、同じだけのストレスを与えられても平気な方もいますしうつ病になってしまう方もいます。

なので、うつ病は甘えや逃げだと思われる原因になってしまうのでしょう。

うつ病は甘えや逃げではない理由!

うつ病は甘えや逃げと言われるのには様々な原因がありますが心の病気ですので症状が目に見えないですし痛みなどと一緒でストレスや精神的苦痛も人それぞれですので人の限界をわからない事が甘えや逃げと言われてしまう原因になっているのかと思います。

ですが、うつ病は甘えや逃げなどでは脳の変化によりマイナス思考になってしまっています。

うつ病は幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンが不足する事で落ち込みや無気力や不眠など、うつ病の症状と言われている症状が出てきます。

うつ病は甘えや逃げなどではないというのは”うつ病ではない人とうつ病の人とで身体の中の違いがある”ので甘えや逃げではないと言い切る事ができます。

うつ病ではない方は考え事などをしている時は血流がよくなるのですが、うつ病の方は逆に血流が悪くなるという結果も実際に出ています。

なので、うつ病は甘えや逃げなどという事ではなく病気として認められ治療が必要な病気なのです。

まとめ

うつ病は甘えや逃げなどという事を言われる事が多いです。

甘えや逃げと感じられたり思われたりする事は仕方がない事だとは思うのですが、うつ病は脳の変化でマイナス思考になっていますしセロトニンが不足した事で症状が表れ、うつ病になっていますので甘えや逃げなどではなく心と脳の病気なのです。

もちろん、甘えや逃げと思う方がいてもいいと思います。

人間は体験した事がない事はわからないですし、うつ病は心に症状が多く表れますので理解されないですし見た感じ甘えに見えると思います。

ですが、うつ病は甘えや逃げだと思いうつ病を理解できなくても甘えだとか逃げだとか言わずに黙っていてほしいと思います。

甘えや逃げだと思っても口に出さなければいいだけの事ですし、あなたが甘えだとか逃げだとか言ってもうつ病は良くなりませんし逆に悪化するだけですので甘えや逃げだと言う意味はないですので言わずに黙ってほっておいてください。

うつ病は甘えや逃げなどという簡単な言葉でまとめられるほど簡単な病気ではありません。

あなたにおすすめの記事