Sponsored Link

うつ病と甘えの見分け方は案外簡単に見分ける事ができます。

Sponsored Link

うつ病は甘えじゃない

うつ病は甘えと思われてしまう事が本当に多い病気です。

うつ病を発症したと人に言うとよく言われるのが「甘えてるだけだ・気の持ちようだ・逃げてるだけだ」このような事を言われる事が多いです。

ですが、うつ病は甘えや逃げなどではなく脳の変化によりマイナス思考になっています。

幸せホルモンと言われているセロトニンが不足する事でうつ病の症状と言われる落ち込みや不眠などがでてくるのです。

なので、うつ病は甘えや逃げなどの言葉で片付ける事ができる病気ではないのです。

誤解はあると思いますが、うつ病は甘えや逃げなどと言われても仕方がない病気だと思っています。

うつ病は甘えや逃げだと言われても仕方がないというのはセロトニンが不足した事でうつ病の症状が出てきます。

そして、セロトニンが不足した事でうつ病の症状として表れている症状が怠け者だと思われても仕方がない症状だからです。

うつ病は甘えや逃げなどと言われても仕方がない事やなぜ甘えや逃げだと言われるかなどについては別の記事で書いていますので、本題であるうつ病と甘えの見分け方についてご紹介します。

うつ病と甘えの見分け方

うつ病と甘えの見分け方を紹介というとうつ病は甘えだと言っているのではなく、うつ病だと言いながら甘える人間もいるのが事実です。

正直、うつ病だと言って甘えている人間がいる事もうつ病が甘えだと言われる原因の1つだと思います。

うつ病と甘えの見分け方は簡単に見分ける事ができます。

うつ病とうつ病だと言い甘えている人の違いは、やろうとする意思があるかないかです。

うつ病の人
やりたいけどできないからやろうとする意思があり、その意思が見えるのです。
もちろん、できるできないに限らずやろうとする意思があるのが甘えではなくうつ病です。

やりたいけどできないというのが病気です。

甘えている人
やる意思がなく、やらない言い訳をしてきます。
そして、やらない・できない理由を正当化する特徴があります。

これが、本当にうつ病の人とうつ病と言いながら甘えている人の違いです。

まとめ

これが、うつ病の人とうつ病と言いながら甘えている人の見分け方です。

うつ病の人はやりたいけどできないという病気ですのでやろうともせずにやらない理由を正当化している人は本当のうつ病ではなく甘えている人です。

ある意味違う病気なのかもしれませんが、うつ病ではありません。

やらない・できない理由を正当化する方はうつ病ではなく甘えです。

ただ甘えている人は、やる前から言い訳をしてきますので、うつ病とただの甘えの方の見分け方は簡単だと思います。

あなたにおすすめの記事