Sponsored Link

うつ病とは一体何なのかについて簡単にまとめていこうと思います。

Sponsored Link

うつ病のイメージ

最近、うつ病を発症する方が増えた事やストレス社会と言われるようになった事など様々な原因はあると思うのですが、うつ病とよく聞くようになりました。

少し前まで、うつ病と聞くと物凄くマイナスなイメージを持っている方が多く、うつ病は心の病気でうつ病の人とは関わらない方がいいなんていう風に思っている方もいたほどです。

ですが、ストレス社会で生きていく事で心が病んでしまったりする方が増えてしまった事で、うつ病を発症する方が増えたりうつ病の予防など様々な所でうつ病という言葉を聞くようになり、昔よりも今の方がうつ病に理解を示す方が増えていると思います。

もちろん、現在もうつ病に限らず精神疾患についてマイナスなイメージを持っていたり甘えや逃げや怠け者など様々な事を言われる事があります。

ですが、それはうつ病を知らない人が言っているだけで、うつ病とは一体何なのかという事を少しでも知ってもらう事ができれば心無い言葉を浴びせる人が少なくなるんじゃないかと思います。

うつ病は甘えなどではなく脳の変化によりマイナス思考になっていたりするという事を知って頂きたいです。

上記の記事を見て頂ければ幸いです。

早速ですが本題に入っていきたいと思います。

うつ病とは何か!

うつ病とは精神疾患の1つであり心の病気と言われています。

うつ病とは、”感情の振れ幅が極端になり、制御できなくなる気分障害”と言われています。

うつ病を発症するきっかけは人それぞれなのですがストレスや過酷な労働などがきっかけになりうつ病を発症する方が多いと言われています。

結婚や出産などがきっかけでなる方もいますが環境の変化などが大きく、その環境の変化に対応する事ができずにストレスを抱えてしまいうつ病を発症してしまうのです。

産後うつなどもありますし女性はホルモンのバランスで体調が変わりやすいです。

もちろんですが、同じ環境化に置かれてもうつ病を発症する人もいればうつ病を発症しない方もいます

その違いは、性格が原因の場合があります。

うつ病になりやすい性格の方というのは実際にいますので自分はうつ病になりやすい性格じゃないかどうか確認してみてください。

うつ病とは、落ち込みや食欲不振・不眠などの症状がでるのですが幸せホルモンと呼ばれているセロトニンが不足してうつ病の症状が出ていると言われています。

ですが、うつ病のメカニズムは未だに不明とされています。

うつ病とは、自分の感情をコントロールする事が困難になってしまい人よりもひどく落ち込んでしまったりマイナス思考になってしまったりする病気です。

甘えや逃げなどではなく、うつ病の人は脳内のセロトニンが不足して普通の人ができる事ができなくなっていると考えるのが理解できない方にはまだ理解できる言い方じゃないでしょうか。

まとめ

うつ病とは何かと聞かれると、気分障害でありやりたくてもできないというようにうつ病になった本人も全てを説明できないような病気ですのでうつ病になった事のない人が理解できる訳がないのです。

ですが、うつ病は心と脳の病気ですので甘えや逃げなどとは全く違います。

もし、この人うつ病とか言って甘えてるだけじゃないかと思う方が身近にいる場合は下記を参考にしてみてください。

うつ病とは”感情の振れ幅が極端になり、制御できなくなる気分障害”です。

自分で自分の感情がコントロールできないという感じでしょうか。

あなたにおすすめの記事