Sponsored Link

うつ病とは一体どんな病気なのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病になる人が増えた

うつ病とはどんな病気かご存知でしょうか。

うつ病は最近になってよく聞くようになった病気ですよね。

ストレス社会と言われるようになり多くの方がストレスを抱えながら生きている事で精神的な負担がかかり心の病気であるうつ病を発症する方が多くなりました。

うつ病を発症する方が増えてきている事でうつ病という病気を知っている方や理解をしようと思ってくれる方が増えたのですが、うつ病に対していいイメージを持っていない方が多いのも事実です。

うつ病に対して悪いイメージを持っている方というのは、精神的に弱く甘えている人間で怠け者だと思っている方が多いです。

そして、そのような方は”うつ病なんて気の持ちようだ”という方が多いです。

ですが、うつ病とは甘えや怠け者などではありません。

うつ病とはどんな病気なのかという事を少しでいいので知ってみてください。

うつ病とはどんな病気

うつ病とはどんな病気なのかという事を少しでも知ってもらえるだけでもうつ病の方に対して辛い言葉を言ってしまう事が減るのではないかと思います。

うつ病の方を見ているとイライラするという方もいるでしょうから、うつ病を少し知る事でイライラが改善されるかもしれません。

うつ病の症状を軽く紹介します。

精神的な症状

精神的な症状が出るという事は多くの方がご存知ですよね。

うつ病の症状というのは人それぞれですので絶対にこの症状が出ているという事は言えません。

ですが、うつ病を発症した方で多くの方が感じる症状というのがいくつかあります。

抑うつ気分
不安感
自己嫌悪

などの症状が出る事が多いです。

なぜ、このような精神的な症状が出てしまっているかというと幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンなどのホルモンが不足する事で落ち込みやマイナス思考になったりなどセロトニンなどが不足する事でうつ病の症状が出てしまいます。

そして、うつ病は精神的な症状だけと思われがちですが精神的な症状だけではなく身体的な症状も出ます。

身体的な症状

うつ病は精神的な病気ですので精神的な心にだけ症状が出ると思われがちですが身体的にも症状が出てきます。

身体的な症状としてうつ病を発症した方が多く感じている症状は下記になります。

睡眠障害
食欲不振
疲労感
[st-card id=468 ]

うつ病は心の病気ですが上記のように身体的にも症状が出る病気です。

そして、うつ病を理解できない方やうつ病に対して悪いイメージを持っている方には症状について言われてもピンとこないと思います。

うつ病は脳の変化で症状が出ている

うつ病は現在原因不明と言われています。

ですが、うつ病を発症している人は幸せホルモンなどと呼ばれているセロトニンなどが不足しているという事がわかっています。

うつ病は心の病気と言われていますが脳の変化によって出ている症状の事をうつ病と呼ばれているのではないかと思います。

うつ病という事を理由にして実際に甘えている人がいるのも事実です。

本当に、うつ病を発症している方は”やりたくてもできない”のです。

そして、うつ病だと言って甘えている方は”やる意思がなく、やらない言い訳をする”という違いがあります。

本当に、うつ病を発症している方はやりたいという気持ちがあってもできないという病気なのです。

やりたくないからやらないというのは病気ではなく怠け者です。

それで、うつ病と言って甘えている方なのかという事を把握してください。

まとめ

うつ病とは、やりたい事もできない病気であり気分の振れ幅が極端になり、制御できなくなる気分障害です。

うつ病の原因というのは現在も不明とされていて何が原因でうつ病を発症するのかもわかっていません。

うつ病を発症する原因はほとんどがストレスが多いでしょうが、そのストレスが溢れてしまうきっかけというのは人それぞれです。

ですが、うつ病になりやすい性格の人の方もいます。

うつ病になりやすい性格の人は定期的にストレスを発散する事を心がけるといいでしょう。

あなたにおすすめの記事