Sponsored Link

うつ病が原因で仕事を退職する時にする事についてまとめてみました。

Sponsored Link

うつ病が原因で仕事を退職する

うつ病が原因で仕事を退職する事になる方は多いと思います。

うつ病を発症してしまい会社に行けなくなってしまう方もいるでしょうし、会社が原因でうつ病を発症してしまい会社に行けなくなってしまう方もいると思います。

退職するという事は職を失うという事ですから家族がいたりすれば退職するまでに様々な話し合いが行われすぐに退職するという決断はできないと思います。

それに、”うつ病を発症=退職しなければ治らない”という訳ではないので会社に行きながら治療をする方も多くいます。

うつ病を発症して退職を考え出した時には、まずは退職する前にやる事がありますので下記を参考にしてみてください。

うつ病を発症し退職を決めたらやる事というのがあります。

うつ病が原因で仕事を退職する時にする事!

うつ病が原因で仕事を退職すると決めた場合は会社に行ける方と行けない方とでやる事が変わってきます。

ですが、会社に行ける行けないに関係なく休職制度のある会社にお勤めの方は上記の”うつ病と診断されたら仕事はどうする?”を参考にしてみてください。

うつ病が原因で退職する時にやる事の順番は下記になります。

会社に行ける場合
・直属の上司に相談する
・退職日を決める
・引き継ぎを行う
・荷物などの整理
・退職の挨拶をする
会社に行けない方
・直属の上司に相談する
・必要な書類を郵送する

うつ病を原因に退職する際手順は上記の通りなのですが退職する際に下記は必ず確認してください。

うつ病を原因に退職する時に確認する事


うつ病を原因に退職する時に必ず確認してもらいたい事があります。

・退職金制度
・賞与
・失業給付金
・離職票
・源泉徴収票

上記の事は必ず確認してください。

お金の事に関しても必ず確認しておかなければいけないのですが離職票が届かないという方が多いので離職票はいつ頃届くのかはしっかり確認しておいてください。

まとめ

うつ病が原因で退職する時の手順や確認しておく事についてまとめてみましたが退職する前に必ず有給休暇なり休職制度などを利用するなどして、なるべく会社を退職しない方向で考えてみてください。

もちろん、会社が原因でうつ病を発症した場合は退職するなり転職するなりしてください。

もし、旦那さんがうつ病を発症してしまい退職の話が出て不安な気持ちを抱えている方は下記を参考にしてみてください。

うつ病を発症してからの上記のような事をするのは本当に疲れてしまいますが最後の仕事と思い退職してください。

あなたにおすすめの記事