Sponsored Link

うつ病の原因になる事は人ぞれぞれですが仕事が原因でうつ病を発症した方で多くの方が上司との関係性で悩みうつ病を発症させています。

Sponsored Link

うつ病の原因は仕事

うつ病を発症する原因というのは人それぞれで、うつ病を発症した1人1人うつ病の原因をいうのは違うのですが仕事が原因でうつ病を発症する方というのが多いです。

人間は人との関係性を完全に遮断して生活していく事は難しいですし誰しもが誰かと関わり生きていかなければいけません。

そして、仕事をし働いていかなければなりません。

仕事をすれば人間関係も増えてきますから合う人合わない人というのがありますが合わない人ともうまく関わっていかなくれはいけません。

仕事をいうのは会社内の人間関係が大切になってきますし過度な労働などを無理にさせられた結果うつ病を発症する方がいます。

仕事をしていれば仕事上の悩みもありますが会社内での人間関係で悩んでいる方が結構多いです。

解くに、直属の上司との関係性が原因でうつ病を発症する方がいます。

うつ病の原因は仕事での上司との関係性!

仕事が原因でうつ病を発症する方で過度な労働をさせられて発症する方も多いですが上司が原因でうつ病を発症する方が多いです。

過度な労働なども上司からの指示や上司から任された仕事量が労働時間内に終わる量じゃないなど仕事をしていれば上司の言う事は絶対という所があります。

なので、過度な労働なども上司が原因と言っても過言ではないと思います。

部下をうつ病にしてしまう程の上司というのは結構います。

部下に対して褒める事をせずに厳しく叱るだけだったり理不尽に怒る上司というのはいます。

・理不尽に怒る
・部下を小馬鹿にする
・お前なんて会社に必要ない
・なんの為にここ(会社)にいるの?
・迷惑かけにきているの?

などなど人格否定とも思える事を部下に浴びせる上司というのはいます。

そんな言葉を浴びせられても言い返す事ができない相手が上司という物で言い返せば更に怒られ会社でいずらくなってしまうなど上司に逆らうと様々な問題が起きてしまいます。

そのような事を考え上司に対して何も言えずに我慢してしまい、うつ病を発症してしまうのです。

ハッキリ言ってしまえばいじめです。

子供のいじめが大きなニュースとして取り上げられていますが今後はもっと会社内のいじめなども取り上げなくしていかなければ、うつ病を発症する方も増えてくるでしょう。

いじりといじめは紙一重

このまま耐える事はできないと考えている人もいるでしょうし既にうつ病を発症してしまっているが生活の為に会社を辞める事ができずに踏ん張っている方もいると思います。

上司との関係性で悩みこのままだとうつ病になりそうだと感じていたり体調の変化を感じている方や既にうつ病を発症し原因は上司だと明確な場合はどうするべきなのでしょうか。

うつ病の原因が上司だった時

うつ病の原因が上司だとわかっている場合は下記を参考にしてみてください。

そして、うつ病の原因が上司であるとハッキリしており会社を辞めても生活していけるだけの貯蓄があったり家族の助けがある方は退職なり転職する事をおすすめします。

ですが、転職や退職もする事ができずに生活の為に今の会社でやっていくしかないという方もいると思います。

そのような方は、上司との関係性を見直していかなければいけませんが部下をうつ病にしてしまう上司に何を言っても全く意味がありませんし更に追い詰められるだけです。

なので、上司に怒られている時や罵倒されている時などの様子をスマホなどでもいいので録音しておきましょう。

この上司がいかに理不尽な事で怒り部下に対しての態度などがおかしいという証拠が集まったら上司よりも上の立場の人間に相談してください。

もちろん、録音した証拠を持って相談してください。

その相談に上司をどうにかしてほしいという事ではなく上司との関係性を話た上で異動願いを提出してみてください。

上司の態度や言動などを信じてもらえない場合は録音している事もしっかり伝えてください。

そして、異動の希望が通れば無事に部下をうつ病にさせる上司から解放されます。

ですが、そんなにうまくいかない時もあるでしょう。

その時は、部下をうつ病にさせる上司の目の前で「これから、あなたの言動を録音させて頂きます」や「成長の為に録音させて頂きます」などと言い録音している事を伝えてください。

録音されていると知れば人格否定をしてくる人は少ないですし録音する事で証拠も取る事ができますので有効です。

まとめ

会社というのは人間関係なしにやっていける世界ではありません。

耐える事も必要ですが耐えすぎる事は必要ないです。

今は、副業を認める会社も多くなっていますから会社があなたの生活を保証してくれる時代ではありません。

更に言えば上司はあなたの生活の事など考えていませんし部下をうつ病にさせるような上司の言う事を聞く必要はありません。

ですが、人間は人格否定をされ続けると無気力状態みなってしまいます。

なので、出来る限りこの上司はおかしいと判断がつく間に上司の言動などを客観的に見ていく事が大切です。

無気力状態になってしまうと上司の言う事が全て自分に入ってきてしまいますので、そうなる前に異動願いを出すなり客観的にみる事をおすすめします。

会社が原因でうつ病を発症した方は休職や退職する事が1番の治療になりますが簡単に会社を辞めるという事はできませんからね。

あなたにおすすめの記事