Sponsored Link

うつ病の原因は脳内物質が不足している事が原因の可能性があるようです。

Sponsored Link

うつ病の原因

うつ病を発症した方や身近にうつ病を発症した方がいらっしゃる方だと、うつ病の原因やなぜうつ病になるのかなどうつ病について様々な事を調べると思います。

うつ病は心の病気ですので、どのような事がきっかけで病気を発症しどのようにすれば治るのかなど知りたい事が山ほどあると思います。

ですが、うつ病は心の病気で何がきっかけで発症するのかも治療方法も治療期間も人それぞれなのでどれぐらいで治るという事も言えない病気です。

そして、ストレス社会と言われるようになりうつ病を発症する方が増えた現在でもうつ病の原因は不明とされています。

うつ病の原因は不明とされているのですが、うつ病の方の脳内の脳内物質などが不足しているという事がわかり脳内物質が不足しバランスが取れていない事が原因ではないかと言われています。

うつ病の原因は脳内物質の不足が原因!?

うつ病の原因は現在でも不明とされているのですが、うつ病を発症した方の脳内物質が不足しているようです。

脳内物質とは、アドレナリンやアドレナリン・ドーパミンなどの事を脳内物質と言います。

脳内物質
セロトニン-感謝・幸せを感じる時
アドレナリン-怒っている時
ノルアドレナリン-悲しい時・緊張している時
グルタミン酸-ストレスを感じている時
エストロゲン-嫉妬を感じている時
オキシトシン-憧れや愛を感じている時
ドーパミン-恋をしている時

全ての脳内物質ではないですが脳内物質は感情などに関係する様々な役割をしてくれています。

上記の中でも幸せホルモンと呼ばれているセロトニンについて少し紹介させて頂きます。

セロトニンについて

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれている程幸せな気持ちに直結しています。

セロトニンは心のバランスを取るのに必要な脳内物質ですし睡眠や体温調節や生理機能などもセロトニンの働きが関係しています。

セロトニンは心のバランスや人間が健康的に生活を送るのに必要な、体温調節や生理機能などにも関係しているのでセロトニンは大切な脳内物質という事になります。

セロトニンが適切に分泌されていると、心の安定や将来への希望が持てる状態が保たれます。

では、この大切なセロトニンが不足するとどうなるのでしょうか。

セロトニンが不足すると

セロトニンが不足する事で心のバランスを取る事ができなんくなってしまい、睡眠障害になってしまったり将来への希望が持てなくなってしまいマイナス思考になり無気力状態になってしまいます。

セロトニンが不足する事で心のバランスを崩してしまい安定した心の状態で過ごす事ができなくなるのです。

なので、うつ病の方はマイナス思考になってしまい寝付きが悪いや眠れないなどの睡眠障害になってしまうのです。

うつ病は心の病気と言われていますが、実際にはうつ病は心と脳の病気なのです。

まとめ

うつ病はセロトニンだけではなく他の脳内物質の不足なども関係しています。

セロトニンなどの脳内物質が不足する事でうつ病の症状が表れているのです。

うつ病の症状はセロトニンなどの脳内物質が不足してしまっている時に表れる症状という事です。

これだけ医学が進んでいるにも関わらず、うつ病の原因というのがまだ不明とされているのは心や脳の感情の部分は1人1人違うからでしょうし心の状態というのは難しいという事でしょう。

これから、うつ病の原因が解明されていくと思います。

原因が解明されれば効果的な治療法もできてくるでしょうし完治する方も増えてくるのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事