Sponsored Link

うつ病の原因は親子関係という事があります。

親子関係がうつ病にどのように影響するのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病の原因

うつ病の原因というのは様々な原因があります。

うつ病の原因のほとんどがストレスです。

これが原因という事をハッキリ言えない病気ではあるのですがストレスが主な原因となりうつ病を発症してしまうのですが、うつ病になりやすい性格というのがあります。

うつ病の原因が親子関係という事があります。

うつ病の原因親子関係!?

うつ病の原因というのが親子関係という事があります。

親子関係というのは幼い頃からずっと関わってきていますから大人になるまでに様々な影響を受けています。

うつ病の原因が親子関係という場合で子供の頃から親子関係が良くないという方が多いです。

親子関係が良くないというのは親が悪いという場合が多く、ネグレクトや考えの押し付けや虐待を受けたという方もいるでしょう。

逆に、親が過保護過ぎたり期待をされすぎてしまった環境で育ったという方もいると思います。

上で書いたように、うつ病になりやすい性格というのは幼少期の頃からの育てられ方で性格は変わってきますので親子関係というのはうつ病の原因になりやすいです。

うつ病を発症したきっかけが会社や金銭的な問題だったとしても根本的な原因が親子関係という事があります。

ストレス社会と言われうつ病を発症する方が多いですが、様々な事が原因になってうつ病になります。

その根本的な原因が親子関係というのは多いと思います。

うつ病の原因というのは様々な事が原因で発症しますが根本的な原因を自分なりに探っていくと親子関係にぶつかる方が多いんじゃないでしょうか。

1度親子関係はどうだったのか見つめ直してみてください。

親子関係はうつ病の根本的な原因という事が多いですが、どのように影響するのでしょうか。

親子関係はどう影響する?

うつ病の原因が親子関係だった場合、親子関係はどのように影響するのでしょうか。

親子関係というのは幼い頃からずっと関わっている環境ですから大人になるのに大きく影響してきます。

自己否定の感情というのがうつ病を引き起こす原因になりやすいのですが、自己否定の感情や自分に自信がもてないなどの感情は幼い頃に親に否定されて育ったり比べられて育った事が原因で自己否定の感情を作ったり自分に自信のない人間になってしまいます。

母親や父親から愛情をいっぱい受ける事ができなかった事などがきっかけで親にすら愛されない人間なんだと思い込んでしまったりします。

親に期待されその期待に応えようと一生懸命やった結果期待に応える事ができずに自分はダメな人間だと思い込んでしまったりという事があります。

親子関係は子供の自己否定や自分に自信を持てる持てないという大事な部分に大きく影響する事になります。

親からの”あなたはこんな事もできないの?”という一言で自信をなくしてしまう子供だっています。

親子関係というのはうつ病に大きく影響します。

子供の頃に影響がなくても大人になった時に自己否定の感情を持っていたりするとうつ病になりやすくなってしまいますので親子関係というのは大きな影響を与えますから丁寧に大切に関わっていかなくてはいけません。

まとめ

親子関係というのはうつ病に大きく関係します。

親との関係性が良くないとうつ病だけではなく心の病気になりやすいです。

子供の頃に寂しいという気持ちを抱えながら育ってしまうと、どこかで愛情を求めてしまっていますし、それを大人になると誰にどうのように求めればいいのかわからず寂しいという気持ちを抱えたままになってしまいます。

そして、親に愛されずに育った事で誰からも愛されないんじゃないか思ってしまったりします。

大人になってから親に愛してくれと言える人は少ないでしょうから大人になっても心が満たされない状態になってしまうのでしょう。

親の顔色を伺いながら育ったという方もいるでしょう。

もちろん、親子関係が良くない環境で育ったから必ずうつ病などの心の病気になるという事はありません。

ただ、親子関係がかなり大きな影響を与えうつ病になりやすい性格にしてしまうのではないかと思います。

あなたにおすすめの記事