Sponsored Link

うつ病で仕事ができないと、お金の不安が出てきてしまいますが、うつ病で仕事ができなくてもお金の不安をなくす事ができます。

Sponsored Link

うつ病で仕事ができない!

うつ病を発症してしまうと仕事ができないまでなってしまう方がいます。

うつ病を発症した方が全員そうなる訳ではありませんが、うつ病というのは外出もできない状態になったり家の中にいてもトイレにも行きたくない、お風呂も入りたくないなどという状態になってしまいます。

仕事が原因でうつ病を発症した方だったら外出はできるけど会社に行って仕事をする事はできないという状態になってしまう方もいます。

うつ病というのは、人それぞれで症状が違いできる事とできない事というのは人それぞれで違います。

人それぞれで症状が違いますが、うつ病になってしまい仕事ができない状態にまでなってしまう方がいます。

会社が原因でうつ病を発症した方というのは、だいたいの方が上司との関係性が原因で発症している方が多いです。

会社に相談したりする前に知らず知らずのうちに仕事に行けない・動く事ができない状態にまでなってから病院に行く方がいます。

毎日、夜遅くまで仕事をしていたりすれば病院に行く時間もないですし自分がうつ病かもしれないと気づく時間すらないかもしれません。

そうなってしまうと、動けなくなってしまうまでになってしまいます。

ですが、うつ病を発症したからと仕事に行かないという事ができないですよね。

仕事をしなければお金がなくなり生活ができなくなってしまいますので行かなければいけないと薬を飲みながら行く方もいますが、お金の不安がなくなればどうでしょうか。

会社に行かずにうつ病の治療に専念し復職する事ができるとしたら安心ですよね。

それに、うつ病の治療には心配な事や不安な事はない方がいいです。

うつ病で仕事ができないけどお金の不安をなくそう!

うつ病で仕事ができない状態になった時に実家暮らしだったりすれば、まだ生活はしていけると思います。

もちろん、家族の理解が必要ですが。

ですが、自分が家族を支えている立場だったり一人暮らしで実家に頼る事ができない状態の方など生活スタイルはそれぞれ違いますが簡単に仕事を辞める事ができる人の方が少ないと思います。

仕事を辞めてしまえばお金がなくなってしまうというお金の不安が出て来るからです。

うつ病を発症して仕事ができない状態になってもお金の不安を消す事は可能です。

有給休暇

まずは、会社を退職するという事を考える前に有給休暇を取り、ゆっくり過ごす時間を作ってください。

無理して働きながらお金の不安に襲われながら働き考えていると冷静な判断ができません。

なので、まずは有給休暇を使い休息の時間と考える時間を作ってください。

少し休むだけで楽になる時もありますから、すぐに退職するのではなく有給休暇を利用してください。

労災

会社が原因でうつ病になった場合は労災を申請しましょう。

労災が認められれば給料の80%が支給されますので労災が認められればお金の不安がなくなるでしょう。

ですが、労災を認めてもらうには日頃のパワハラやセクハラなど、うつ病の原因となった事の証拠を残しておく必要があります。

傷病手当金

傷病手当金は労災が認定されたら返済しなければいけませんが労災のお金で賄う事ができますので傷病手当金は申請しておいてください。

傷病手当金は働けなくなった人に対して国がお金が補てんする制度で、うつ病も対象に入っていますし支給額も給料の3分の2が支給されますので、お金の不安がなくなると思います。

傷病手当金は、会社員の方や公務員の方などが利用できる制度です。

詳しくは下記に記載しています。

最長で1年6ヶ月支給されますので安心だと思います。

まとめ

うつ病になり仕事ができなくなった方や会社まで行けないという方はお金の不安が大きいと思います。

ですが、上記の制度を利用する事でお金の不安は大きく減ると思いますので利用できる制度はしっかり利用してください。

うつ病を発症し仕事ができないという状態になってしまうと、すぐに退職を考えてしまう方がいますが退職ではなく休職し復職するタイミングを考えた方がいいかと思います。

会社を辞めるというのは大きな決断ですし、うつ病を発症している間に大きな決断は先延ばしにした方がいいですので退職ではなく休職し上記の制度などを利用してください。

あなたにおすすめの記事